2018年6月12日火曜日

タスク案件を使って効率よく稼ぐ方法‐安いだけじゃない!使い道があるんです

タスク形式とプロジェクト形式

タスク形式は、1つの作業にかかる時間は短いが、作業のたびに探す手間がかかる。

ひと月当たりの稼働時間を考えてみましょう。稼働日数に稼働時間をかけることで、ひと月の稼働時間が算出できます。1本の記事にかかる時間を計算すれば、時給換算ができます。

ひと月の稼働時間と、時間効率が計算できれば、ひと月の収入予測ができます。

稼働時間を増やすと同時に時間ん効率を大きくすることが収入アップにつながります。

1、自分の強みや執筆レベル、作業能率を把握する

好きなことや過去学んだ知識、良く執筆するテーマや得意なジャンルを把握する(自分音強み)。紹介記事、説明文が書けるかどうか。過去にタスク形式の実績が何本あるのか承認率はどうか(執筆レベル)。
1分当たり100文字タイピングできるかどうか、執筆に必要な知識を何分で情報収集できるか (作業能率)。

どのようなテーマをどのくらいのレベルで何分で執筆できるかということがわかる。仕事を探す際に探しやすくなります。

自分の強みを知りましょう。形絵kンしたころ、興味関心のあること、これらにプラスして情報収集することで自分の強みにすることができます。

最初はタスク形式で検証してみましょう。タスク形式でどんなジャンルの記事が何文字の記事を何分で作業できるかを確認することができます。



0 件のコメント:

コメントを投稿