2018年6月12日火曜日

記事作成で偶然他の人が書いた文章と似かよってしまったらコピペ?そんな時の対処法

記事作成をしていると、同じテーマについて何度も書くことがあります。何度も書いているテーマは、自分でも書きなれていますので、作業効率も良いため、ついつい同じテーマの記事作成依頼を引き受けたくなるものです。

しかし、そんな時に気になるのが、コピーと著作権の問題です。

たまたま書いた記事が、他サイトに掲載されている文章と似通ったものになるということはあり得るのでしょうか。もしその場合はどのように対処すべきでしょうか。



記事作成ではコピペは厳禁


記事作成で偶然他の人が書いた文章と似かよってしまった時の対処法
記事作成という依頼では、同じテーマですでに多くの人が記事を書いていることが多いです。こちらも、他サイトの情報をもとにして、自分のオリジナル記事を練り上げていくのですが、そんな時にはコピぺが問題視されることがあります。
記事のコピペ問題に関しては、どの依頼主も割と神経質になっていることが多く、発覚した場合は、その後の取引ができなくなるなどのペナルティを課すというクライアントも多いですね。
これは、当然のことで、他サイトの記事をコピペすると、著作権侵害に抵触し、最悪の場合損害賠償を支払う責任が生じてしまうからです。くわえて、ネット上の記事でコピペ記事を判断された場合、Googleなどの検索エンジンによって「圏外」に飛ばされてしまい、検索エンジンからのユーザー流入が期待できなくなるというリスクも抱えています。

たまたま書いた記事が似通ってしまうことはある?


とはいっても、これだけネットに情報があふれている時代ですから、書いているうちについつい内容や言い回しが似通ってしまうこともありそうですよね。
もし、自分が意図していなくても、他サイトの記事と自分の文章が似通ってしまった場合、それでもコピペとしてみなされることが多いと思います。
しかし、そうなると、うかうかと記事作成するのもためらわれてしまいますよね。でも、大丈夫です。意図してコピペ記事を納品するのでなければ、その対処法はあります。

自分の記事がコピペかどうか確かめる方法


自分の書いた記事がコピペになっていないか不安な人は、ネット上で他に似通った記事がないかどうか確かめることをおすすめします。
書いた文章の数行をコピーして、Google検索などで検索してみるとよいでしょう。そこでヒットした記事を見てみて、自分の文章とかなりの比率で似てしまっていたら、書き直した方が良いと思います。
また、性能にはばらつきがありますが、コピペチェックツールというのもあります。
これらのツールは、新しいものができたり、突然有料化されたりするので、ここではどのサイトがおすすめというものは紹介しません。気になる人は、Google検索で、「コピペチェックツール」で探してみると見つかると思います。

記事がコピペにならないようにする工夫


記事がうっかりコピペ記事になってしまわないように、予防策を行うことも大切です。
コピペになるのを防ぐためには、参照するサイト記事は単一のものではなく、複数、できれば、4~5サイト以上の記事を参照するようにしましょう。
記事を作成する場合、他サイトの記事を参考にして情報を集めることが多いと思います。その際に、参照とするサイト記事のことです。
参考とするサイト記事が一つだけだと、どうしても記事の内容や書き方、段落構成が似てきてしまうものです。言い回しを多少変えたとしても、「簡単なリライト」としてみなされてしまうこともあります。
ですから、他サイトの記事から情報収集を行う際には、少なくとも3ページ、できれば5ページ以上の記事を読んでから、記事執筆を開始することをおすすめします。

0 件のコメント:

コメントを投稿