2018年6月12日火曜日

安定収入を得るためのライティング案件の選び方‐良い案件を見極めるテクニック

良い案件を見極めるためには

良い案件とは、スムーズに効率よく稼げるのがいい案件の条件。スムーズに仕事をするには、作業内容が明確なこと、その報酬が相場よりも良いかどうか。

1.案件の詳細が細かく書かれているか

仕事内容を把握しておくことが大切です。自分に合った仕事で、その詳細が詳しく書かれるかどうかがポイント。

文字数と報酬(単価、税込みかどうかシステム利用料こみかどうかなど)、掲載するメディアタイプ、記事のターゲット、テーマ、納品ペースと形式(ワード、テキストなど)、求める人物像など。

情報が少ない案件は、確認作業が必要となりますので、その分仕事の効率が下がってしまいます。内容が充実していればすぐに作業に取り掛かれます。その分、お互いに仕事がしやすくなりますよね。


2.発注回数が多く、やり取りに慣れているか

募集回数が多い、評価が高い、案件募集文面やメッセージがていねいかどうか

募集回数がゼロのクライアントはやり取りに慣れていないので、スムーズに進まないことが多いです。メッセージがていねいな人の方が、信頼できる。



3.案件の文字単価に納得できるか

1記事の報酬をしっかりとチェックする、画像挿入など文字以外の作業がないか確認することが大切です。

1記事の報酬÷文字数で、計算して、1文字の単価を確認しておくこと。

経験を積むしかないところも。


自分にあった案件を探すためには

どんな仕事があるのかくまなく探すこと、いろんな案件を自分で見て比較することが大切です。いい案件は早く応募する方が採用されやすくなるので、こまめに新規案件をチェックするクセをつけるのが良いでしょう。

慣れないうちは、できるだけたくさんの案件を見ることで、仕事単価の相場が分かってきます。また、自分の好きなパターンが見えてくるので、選びやすくなると思います。

自分の中で、どんな条件の仕事なら引き受けるという基準を持っておくと良いですね。自分がどんな働き方をしたいかを明確にすることも大切です。



0 件のコメント:

コメントを投稿