2018年6月12日火曜日

ライティングスキルを上げるために初心者がまずやるべきこと「推敲」

ライターとしてレベルアップするためには、ライティングスキルの向上はかかせません。記事は書けば書くほど上手になっていくものですが、できれるだけ早くスキルアップしたいのはみなさん、同じだと思います。

では、ライティングスキルを効率的に上達させるためには、どうすればいいのでしょか。



良質の記事とは何か


ライティング,スキルアップ,上達,向上,推敲
すぐれたウェブライターは、質の良い記事を執筆できる人のことです。ここで問題になるのは、「質の良い記事とは何か」ということでしょう。
ウェブライティングの世界において、質の良い記事というのは万人に分かりやすい記事のことだと、私は考えています。文学ではありませんので、幻術性や独創性を追求する必要はあまりないということは、以下の記事でも書いています(もちろん、ウェブ小説なんかは別ですが)。
書籍執筆とウェブライティングの違いー同じ書き方ではダメ
SEO対策に対応した記事やコンテンツを作成できるライターになる方法
ユニークすぎる表現はウェブライティングで嫌われる理由

ライティングスキルを向上させるためにできること


ライティング,スキルアップ,上達,向上,推敲
ライター初心者がまずできることは、自分で自分の書いた記事を何度も読み返すことです。ライティングスキルは、他人に読まれれば読まれるほど、上達します。ですから、一番いいのは友人や家族に読んでもらって、その感想を聞くことです。
とはいっても、友人やご家族も忙しいでしょうし、ライティングのプロではありませんから、アドバイスをもらったところで的を得ないということもあるかもしれません。そこで、気軽にできる方法が自分で書いた記事を読み返すことです。

読者になったつもりで読む


自分の書いた記事を書き上げた直後に読み返すことは、よく行われることです。そもそも、クライアントに提出する成果物ですから、誤字脱字のチェックのためにも最低限一度は自分で見直すべきでしょう。
しかし、書き上げた直後だけでなく、その原稿を一晩寝かせて翌日の朝、再度自分で読み直してみます。そうすると、書き上げた直後とは違った点が気になったり、文章的におかしいなと思ったり、分かりにくいなという部分が見えてくることがあるんです。
ここでクライアントに提出してもよいのですが、理想的なのは、あと3日ほど置いてまた読み直すことです。時間がたてばたつほど、自分で書いた内容を忘れていきますので、客観的に自分の文章を見つめなおすことができるんです。

納期に合わせて自分の作業計画を立てる


とはいえ、クライアントに依頼されて書く記事には納期もありますよね。いくら何度も手直しして良質な記事を収めたいからと言って、納期を過ぎてしまっては本末転倒です。
最もベストな方法は、納期に合わせて前倒しで記事作成をしておくことです。納期の数日前に記事執筆完了できるように時間配分を設定しておくという方法が有用です。要するに、自分の中でのデッドラインを、実際の納期よりも前に引いておくということです。
こうすれば、きちんと読み返しと手直しができ、納得した記事を納品できることになります。

読み直す回数ごとに上達する


ライティング,スキルアップ,上達,向上,推敲
自分でブログを運営されている方は、数か月前や1年前の自分のブログ記事を見て、「へたくそだなー」と思った経験はないでしょうか。
もちろん、月日がたってライティングスキルが上達しているということもありますが、時間をおいて見直すと自分の文章の良くない点がどんどん見えてくるものなんです。これは、私も同じです。
そうやって、何度も読み直し、何度も手直しする、この工程のことを「推敲」といったりしますが、こうすることで自分一人の作業でも劇的にライティングスキルを上達させることができます。
どうやったら、できるだけ早くライティングスキルを向上させることができるんだろう、と悩んでいる人は、まずここから始めてみてはどうでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿