2018年6月12日火曜日

効率的にオリジナル記事を執筆する5つのコツ

記事作成において、どんな依頼でも、自分のオリジナル記事を書くということは共通しています。ネット上の他サイトのコピーと判断されると、最悪の場合取引中止になることもありますので、注意が必要です。

一方で、一から記事を書くというのはとても時間と労力を要することなので、ネット上の記事を参考にする方が効率的な作業ができます。

この記事では、効率的にオリジナル記事を執筆するためのコツを考えてみました。



1.記事作成の前に情報収集


効率的にオリジナル記事を執筆する5つのコツ
まず、記事テーマが決まったら、それに関してネットで情報収集します。与えられたテーマが自分の得意分野であるなら、ネット上の記事を参照しなくても、いきなり執筆開始することもできるでしょう。
しかし、私の経験からいうと、そんな場合でも、ネットであらかじめ情報収集をした方が、イメージや構成を組み立てるのが速くなり、結果的に効率がよくなります。

2.対象読者のイメージをつかむ


どんな読者に向かって記事を書くか、イメージしておくことが大切です。ターゲット読者の年齢層、性別、どんなキーワードで検索してくるか、何を知りたがっているかなどを想像してみましょう。
相手の求めている情報を自然に記事に盛り込むことで、記事のクオリティがアップします。

3.見出し構成をする


何となくどんな流れで記事を書くか決まったら、とりあえず見出しを作っていきます。見出しはいってみれば「目次」のようなもので、コンテンツの内容と流れをざっくりと整理するものでなくてはいけません。
先に見出しを付けておいて、後からそれに従って肉付けしていくという方法が、一番効率的だと思います。
ちなみに、今私が書いているこの記事も、先に見出しを作っております(笑)。

4.数本のページを同時参照しながら書く


記事を書くときに、サイト上の情報を参照するなら、1本の記事に頼るのではなく、複数本の記事を参照しましょう。これは、コピペを防ぐ意味もありますし、自分の表現力の幅を広げることにもなります。
私の場合、別ウィンドウで参照する記事を開いておき、それを見ながらワードドキュメントで記事を書いていきます。こうすることにより、情報をおさらいしながらタイピングすることができます。また、完全なコピーを防止できるというメリットもあります。

5.ざっと読み直して校正


最後に、これが一番大切なことかもしれません。効率よく記事を仕上げるとなると、書き終わったらできるだけ早く納品したいのはやまやまです。しかし、そこでぐっと我慢して、再度自分で読み返し誤字脱字、表現が稚拙すぎる箇所はないかなど、チェックしていきます。
ざっと直すだけなので、1,2分の作業です。こうすることで、記事の品質が安定し、クライアントからも信用されやすいライターになることができます。

5つのコツをおさえて効率的な作業を


以上が、オリジナル文章を効率よく仕上げるコツでした。
文字数にもよりますが、こうすることで、かなり作業効率をアップすることができます。ウェブライターという仕事は、いかに作業を効率よく行うかで収入が変わってきますが、同時に記事の品質も大切です。
ライターとして効率よく稼ぐために、5つのコツを参考にしてみてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿