2018年6月12日火曜日

クラウドワークス以外にライター登録しておきたいサイトおすすめ

クラウドワークスは初心者にも使いやすいサイトですが、ライター報酬額が低いなどのデメリットもあります。ですので、クラウドワークスで慣れてきたら、他のクラウドソーシングサイトに登録しておくのがおすすめです。

いずれのサイトも登録は無料でできますので、まとめて登録しておくとよいでしょう。

クラウドワークス以外にライター登録しておくべきサイトについて、紹介します。



クラウドワークスで仕事受注、報酬未払いを防ぐために気をつけたい3つのこと

クラウドワークスで仕事を請け負うとき、特に初めての人はいろいろと不安を感じることもあると思います。

ネット上のやり取りですべてが完了しますのが、その反面、顔の見えない相手を信頼していいのか心配ですよね。

実際にクラウドワークスで仕事を受注して、報酬が未払いのままというトラブルも起こっているようです。

この記事では、クラウドワークスのプロジェクト形式で仕事を受注する際、報酬未払いなどのトラブルを防ぐために気をつけておきたいことを説明します。


記事作成を依頼するクライアントって何者?相手を理解して的確な記事を書く

ライターの仕事をいくつか請け負っているうちに、依頼者(クライアント)には、いくつかのタイプがあることがわかってきます。そもそも、Webライティングの仕事を依頼してくる人たちというのは何者なのでしょうか。

ライティングによる記事を集めて、どのようにして収入を得ているのでしょうか。

クラウドワークスとランサーズ比較!簡単な文章作成で副業を始めよう

文章作成、記事執筆を副業もしくは本業として行いという場合、クラウドソーシングに登録するのが手っ取り早いでしょう。

クラウドソーシングといっても最近はたくさんの会社がありますが、比較的歴史が古くて、登録会員数が多い、クラウドワークスとランサーズを比較してみたいと思います。


ウェブライターとして効率よく稼ぐ!仕事とクライアントの選び方‐こんな依頼主はNG!

クラウドソーシングでウェブライターとして、やっていると、記事単価の低さに驚かされることがあります。もちろん、文字数にもよりますし、報酬単価が高くても、文章作成以外の作業が含まれているケースもあるので、慎重に仕事を選ぶ必要があります。

ウェブライターとして効率的に稼ぐための、仕事とクライアントの選び方についてまとめました。


本業ウェブライターを目指している人へ「ライティングの鉄則・3ヶ条」

フリーランスのウェブライターと聞くとどこか先鋭的な響きがしてかっこよさを感じる人もいるかもしれません。

しかし、実際にはライター業は副業がほとんどで、専業で食べていけるライターは全体の5%にも満たないといわれています。また、その5%の中にはようやく同世代の会社員の給料に追いついたという人も実のところ少なくありません。

ライティングの世界とは、本気で取り組もうとすると、それほどまでに厳しく、険しいことこの上ない仕事です。

今回は、ここに「ライティングをする上での鉄則3ヶ条」として、副業の方はもちろんのこと、専業ライターを本気で志している人向けに、基本的な心構えのようなものをお伝えしたいなあと思います。

記事作成や執筆に集中できないときの対策法

ライター業を営んでいくと様々な壁に直面することがあります。

どんな仕事でもスランプに陥ってしまう人は数多くいますが、スランプというのはあくまでも結果であり、スランプに陥るまでは様々なプロセスがあります。

スランプに陥っている人の中で特に多いのが「目の前の仕事に集中できていない」ということです。今回は、記事の執筆に集中できないときの対策法をいくつか紹介していきたいと思います。

音声入力による記事作成についてーGoogleドキュメントを利用する方法

音声入力という方法はクラウドライターにとってとても便利な方法です。 言い方はとても簡単でコンピューターに向かって話をすればそれをツールは聞き取って文章にタイピングしてくれます。

使い方は音声入力ツールをインストールする方法 google ドキュメントを利用する方法 とがあります。

クラウドワークスでライターとして受注するときタスクとプロジェクトどっちが有利?

クラウドワークスでライターとして仕事を行っていると、タスクとプロジェクトどっちがいいんだろうと考えることがあります。

どちらも特徴がありますが、最終的にどちらがいいのか選ぶのはそのライターさん次第ということになるのでしょう。でも、最近ライターをやっていて、昔は気づかなかったことも出てきたので、改めてタイスとプロジェクトの違いについて書いてみようと思います。


クライアントからの信頼を得るためにやっておきたい3つのこと

クライアントから本当にお金をもらえるのか、どんな人なのか、不安。クライアントも不安であるという話です。本当に仕事ができるのか、顔が見えない…


クライアントから信頼を得るために

信頼できないクライアント、名前がない、
まじめに期限を守り、きちんと仕事をこなしていくだけで、信頼性を上げることができます。

プロフィールを充実させる
ユーザー名、写真(ハッキリ写っていなくてもよいが性別くらいは分かるものが望ましい)。クラウドワークスの利用状況や実績、利用年数など、自分の属性(フリーランス、主婦、会社員…)、自己PR(作業可能時間、職歴、特技など)、結びのあいさつ

くわしく書くことでクライアントの信頼性を高めることができます。長々と書くことはないが、必要な項目をしっかり盛り込んでおきましょう。


仕事の継続で単価交渉をすることはOK?NG?



自分の書く記事にどのくらいの価値があるかを提示できれば、単価交渉はしやすい。



諦めずに続けることが大切。最初は時給200円でも慣れてくるとタイピングのスピードも上がり、作業効率が良くなるので、時給換算はアップします。文字単価を上げるだけが収入アップではありません。

続けていれば時給2000円も不可能ではありません。


タスク案件を使って効率よく稼ぐ方法‐安いだけじゃない!使い道があるんです

タスク形式とプロジェクト形式

タスク形式は、1つの作業にかかる時間は短いが、作業のたびに探す手間がかかる。

ひと月当たりの稼働時間を考えてみましょう。稼働日数に稼働時間をかけることで、ひと月の稼働時間が算出できます。1本の記事にかかる時間を計算すれば、時給換算ができます。

ひと月の稼働時間と、時間効率が計算できれば、ひと月の収入予測ができます。

稼働時間を増やすと同時に時間ん効率を大きくすることが収入アップにつながります。

1、自分の強みや執筆レベル、作業能率を把握する

好きなことや過去学んだ知識、良く執筆するテーマや得意なジャンルを把握する(自分音強み)。紹介記事、説明文が書けるかどうか。過去にタスク形式の実績が何本あるのか承認率はどうか(執筆レベル)。
1分当たり100文字タイピングできるかどうか、執筆に必要な知識を何分で情報収集できるか (作業能率)。

どのようなテーマをどのくらいのレベルで何分で執筆できるかということがわかる。仕事を探す際に探しやすくなります。

自分の強みを知りましょう。形絵kンしたころ、興味関心のあること、これらにプラスして情報収集することで自分の強みにすることができます。

最初はタスク形式で検証してみましょう。タスク形式でどんなジャンルの記事が何文字の記事を何分で作業できるかを確認することができます。



効率的な仕事の取組み方、時間効率をあげるための仕事の探し方



限られた時間を仕事遂行に当てることが大切。そのためには効率液に仕事を探すことが重要です。

1、スカウトをチェックする

発注者から受注者に直接スカウトが入ることがあります。。このスカウトをチェックすることで、仕事を探す時間を省くことができます。

スカウトは、「気軽な相談」などいろいろなスタイルで仕事の打診がきます。ちょっと気になるものがあれば、メッセージで質問してみるのもおすすめです。


��.関連するおすすめの仕事をチェックす宇

同じテーマや同じジャンルの仕事をチェックすることで、仕事の効率を上げることができます。


3.プロフィールを充実させる

自分の強み、執筆レベル、作業の能率を書くことで、自分のキャパシティーに合った仕事の依頼が来ることがあります。発注者も安心して発注しやすくなります。スカウトが来るのもプロフィールを充実させる


言語化することで仕事を選ぶ基準を明確にし、仕事を選ぶときに明確に対応できます。無理な仕事を受けることもなくなります。

スカウトでも自分に合わないものは、お断りのメッセージを送ってもOKです。






書籍執筆とウェブライティングの違いー同じ書き方ではダメ

世の中には、ライターと呼ばれる人がたくさんいます。小説家やルポライター、雑誌のコラムニスト、ブロガーなどもライターと言えるでしょう。ウェブライターというのも、当然ライターです。

ここでいう「ウェブライター」というのは、ウェブもしくはインターネットという媒体に記事を投稿することを前提としたライターのことを指しています。もちろん、電子書籍という執筆形態もあります。

しかし、一般的に売買されているウェブライティングの記事は、書籍ライティングと違う書き方が必要となるケースがほとんどです。ここでは、書籍と通常のウェブライティングとの違いについて、考えてみました。

webライティングと書籍の目的


書籍執筆とウェブライティングの違いー同じ書き方ではダメ
基本的に、webライティングと書籍とは目的が異なります。書籍というのは、 情報がたっぷりあって情報のソースがしっかりしているもの、それを読者に最初から最後まで順に読んでもらうことが、前提となっています。
ところがウェブサイト上の記事では、読者は前から後の記事へ、順番に読んでくれるわけではありません。しかもほとんどの場合、読者は何らかの情報を求めて、サイトを訪れてきます。
特に検索エンジンからの流入の場合、 読書は何か答えを求めてサイトへとアクセスしてくるのですから、途中まで読んでその答えが得られなさそうだと感じると、すぐに離脱してしまいます。

ライターに求められるスキル


書籍では、順序立てて理論を並べ、読者を納得させる文章作りをすることがライターの技ということになります。
一方ライティングというのは、 文章の比較的早い段階で答えを提示しないと、読者は最後まで読んではくれません。
また、書籍ライティングの場合、表現力の豊かさ やユニークさで読者をひきつけることもできますが、 webライティングの場合、 表現力というよりも、「わかりやすさ」が優先されます。
つまり、優れたWeb ライターというのは、誰にでもわかりやすい文章が書ける技術を持つ人です。

ウェブライターになるのは難しくない


よく webライターと言うと、 「他人に読ませる記事を書くなんて難しそう」と思われがちですが、 小説家や雑誌のライターになるほど難しいものではありません。
きちんとした日本語の文章を書くことができて、 辻褄のあった記事が書ける人は誰でもWeb ライターになることができます。

ウェブライターとして効率よく稼ぐなら最低登録しておきたい5つの副業サイト

ウェブライターとして仕事をするなら、クラウドソーシングや文章作成専門の副業サイトに登録しておくことが、効率的です。

最近は、主婦も学生も会社員も、隙間時間にお小遣いする時代になりましたので、文章作成や副業サイトも増えてきましたが、サイトに登録する際には、よく検討してから登録する方が、あとあと、無駄な手間を省くことになります。

ウェブライターとして仕事をするなら、より条件の良い案件をどれだけ多く取れるかで、時間当たりの生産性が左右されます。より良い案件を見つけるためには複数の文章作成副業サイトに登録しておくことがおすすめです。

この記事では、ウェブライターとしてこれから仕事を使用する人が、登録しておくべき5つのサイトについて紹介します。

クラウドワークス





クラウドソーシングとして、日本最大級の規模です。登録者も仕事の案件も多いので、ぜひとも登録しておきたいサイト。
仕事の内容はライティングだけでなく、ウェブ作成やプログラミングなどさまざまです。登録は無料ですので、さっそく参加してどんな仕事があるのか検索してみてください。

クラウドワークス


ランサーズ


クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドワークスと並んで国内最大手級のクラウドソーシングです。登録者も多く、扱っている業種も様々です。
クラウドワークスと似ていますが、管理画面の使い方などに違いがありますので、両方無料登録しておいて使いやすい方をメインにしていくのがおすすめです。

クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

ワーカー手数料業界最安!【Bizseek】





在宅ワーク(クラウドソーシング)サービスの中でも、登録の際に本人確認が必要なサイトになります。そのため、クライアントを含めた登録者の信頼度が高く、安心してお仕事ができます。
しかも、ワーカー手数料業界内最安級をうたっており、ライターとして登録しておいて損はないサイトです。

手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】




サグーワークス





クラウドソーシングのサイトの中でも文章作成に特化したサイトです。サグーワークスの特徴は、使いやすさと利用者の多さもメリットですが、文字単価1円以上の案件が多い、【サグーライティングプラチナ】というシステムがあることです。登録の際には簡単なライティングテストがありますが、合格すれば他の案件よりも高い単価のお仕事を紹介してもらうことが可能です。

ライティングテストは、だれでも受けることができて、経験や知識は問われません。丁寧に文章を作成すれば初心者でも合格することが可能です。

文字単価1円以上!高単価の在宅ライターサービス「サグーライティングプラチナ」

それでも、ライティングテストに自信がない人は、とりあえず通常のライター会員として無料登録しておきましょう→サグーワークス


ココナラ





ココナラは「モノを売らないフリマ」をテーマとして生まれたサービスです。

ここまで紹介したサイトと異なり、自分の得意なスキルを出品できるというのが大きな特徴となっています。ライティング(記事作成)だけでなく、アイデア次第でさまざまなビジネスを始めることも可能です。

ライターから「出品」するという方式になりますので、記事単価や文字単価を自分から設定できるのもメリットの一つでしょう。

ココナラに無料登録してみる


複数サイトに無料登録しておこう



これらのサイトは、いずれも無料で登録できます。使い勝手は好みがあると思うので、複数のサイトに登録しておいて、自分のお気に入りを見つけていくとよいでしょう。



★お知らせ

最近は、主にMediumで記事を書いています。興味がある方はチラっとのぞいてみてください。

>>>Mediumで日本語記事を読みたい方のためのパブリケーション





ウェブライターとして売ってもいい記事と売ってはいけない記事がある

ウェブライターというのは、記事を書いて他人に売る商売です。記事を書くためのライティングスキルや、記事作成のスピードに自信がある人におすすめのお仕事ですが、ライターとして他人に売らない方がいい記事というものもあります。

ウェブライターとして販売するべきでない記事というのは、どのような記事なのか、検証してみました。


文字単価1円以上の高額案件を探すならサグーライティングプラチナがおすすめ

ウェブライターの仕事は、初心者でも始めやすいので、主婦や学生にも人気があります。しかし、やってみればわかることですが、以外に報酬単価が低く、時給換算すると数百円にもならないこともあるのが現実です。

ウェブライターとして、効率的に稼ぐには、仕事を選ぶことが大切です。あまりにも安い案件ばかりやっていると、ライターをすること自体ばかばかしくなってくるでしょう。

効率よく稼ぐために、基準の一つとなるのが文字単価ですが、文字単価1円以上という高額案件が多い、サグーライティングプラチナを紹介します。


副業ライターからプロへの道ー本業ライターとして安定して稼ぐ

ウェブライターという仕事は、会社員や主婦、学生の副業として人気のある職種です。つまり、「副業」としてライターの世界に入る人が多いです。しかし、ライターとして仕事をやっているうちに、ライターの仕事が好きになり、本業ライターとして生計が立てられたらなあと欲が出てくるかもしれません。

副業ライターから本業として、食べていくのは、難しいのでしょうか。プロライターとして安定して稼ぐ方法について考えてみました。



本業ライターとして稼ぐことは可能か


副業ライターからプロへの道ー本業ライターとして安定して稼ぐ
副業としてライターをしばらく続けていれば、1か月あたりにどのくらい作業をすればどのくらいの収入になるか分かってきます。最初のころは安定しなかった報酬額も、定期的に仕事を依頼してくるクライアントが増えれば、だんだんと落ち着いてきますので、計画的に作業をすることも可能になります。
副業で始めた人は、他に本業をもっているわけですから、そちらをやめてライターだけで生計を立てるのは、ちょっと思い切った決断ですよね。しかし、それも、ライターとしての経験とスキルがあり、仕事の環境がきちんと整っていれば、検討してみてもよいと思います。

本業ライターになるために必要なこと


本業ライターになるためには、いくつか覚悟しなくてはいけないこともあります。
特に今まで会社などに努めている人は、病気になったときでもある程度の収入は保証されますが、本業ライターとなるとそうはいきません。会社にライターとして勤めるのでなければ、フリーランスのライターは、出来高制になります。仕事をした分しか収入は受け取れません。
ライターの仕事はできた分によって報酬が支払われます。時給制ではありませんので、自分でどれだけ生産性を上げられるかが、そのまま月収にかかわってきます。効率よく仕事ができる環境を整え、報酬単価が自分にあった仕事を選ぶこと、定期的に依頼をくれるクライアントを増やすことなども大切です。

複数のクラウドソーシングサイトを使いこなそう


ライターとしてある程度経験を積み、本業としてスタートするなら、クラウドソーシングは複数サイト登録しておくのがおすすめです。
また、クラウドソーシングのサイトを通さずに自分で依頼主と直接交渉するという方法もありますが、第3者の介入が入らないことにより、トラブルも多いことは覚悟しておいた方がいいでしょう。
クラウドソーシングのサイトによって、クライアントの特徴にも少し違いがあります。自分が気持ちよく仕事ができる依頼主を増やすためにも、いろいろなサイトで経験を積むことは効果的だと思いますよ。
手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

ライターとして出品できるフリマ「ココナラ」

文字単価1円以上の高額案件が多い!サグーライティングプラチナ

記事作成で偶然他の人が書いた文章と似かよってしまったらコピペ?そんな時の対処法

記事作成をしていると、同じテーマについて何度も書くことがあります。何度も書いているテーマは、自分でも書きなれていますので、作業効率も良いため、ついつい同じテーマの記事作成依頼を引き受けたくなるものです。

しかし、そんな時に気になるのが、コピーと著作権の問題です。

たまたま書いた記事が、他サイトに掲載されている文章と似通ったものになるということはあり得るのでしょうか。もしその場合はどのように対処すべきでしょうか。


効率的にオリジナル記事を執筆する5つのコツ

記事作成において、どんな依頼でも、自分のオリジナル記事を書くということは共通しています。ネット上の他サイトのコピーと判断されると、最悪の場合取引中止になることもありますので、注意が必要です。

一方で、一から記事を書くというのはとても時間と労力を要することなので、ネット上の記事を参考にする方が効率的な作業ができます。

この記事では、効率的にオリジナル記事を執筆するためのコツを考えてみました。


読書をすることはライティングスキル向上に役立つか

記事作成や執筆という行為は、表現力が重要と思われがちですが、ウェブライティングにおいてはそうとも限りません。こういったライター(作家)の政界では、読書をすることでライティングスキルの向上に役立つといわれたりしますが、それはウェブライティングにおいても同じでしょうか。



書籍とウェブライティングの相違


読書をすることはライティングスキル向上に役立つか
まず、書籍とウェブ上の文章のライティングは異なるということを理解しておきましょう。
これは以前、別の記事にも書きましたので、興味がある人は読んでください。
書籍執筆とウェブライティングの違いー同じ書き方ではダメ
書籍のライターに求められるスキルと、ウェブライターに求められるスキルは必ずしも一致しません。大雑把に言えば、ウェブライターの方が、ハードルが低く、その代り報酬単価も低いです。

書籍の文章とウェブ上の文章


「読書」というと「本を読む」ということですが、書籍の中の表現はかえって豊かすぎて、ウェブライティングには向かないこともあります。また、ウェブライティングには、簡潔で分かりやすい文章が必要とされますので、書籍のようにあらかじめ本1冊を読み切ることを想定して文章を書くということができません。
つまり、読書家だからといって、そのまま本を読むことで得た表現や構成方法が、そのままウェブライティングに応用できるわけではないんです。

読書をすることはライティングスキル向上に有効か


では、読書をすることは、ウェブライティングにおいて何もメリットをもたらさないのかというと、そうではありません。
一般的に、書籍の文章の方がウェブ上の記事の表現よりも洗練されていて、オリジナリティーがあります。残念ながら、ウェブ上の文章に「豊かな表現力」というのは必要とされていなくて、むしろユニークな表現というのはどちらかというとNGになることもあります。
しかし、読書から得たボキャブラリは、いつかどこかで役に立つものだと、私は考えています。特に、オリジナル文章を作るときに、自分のボキャブラリが豊富だということは財産となります。
ですから、読書をすることは、ウェブライティングでのスキル向上にまったく無駄ではありません。また、情報量という面から言っても、書籍の方が優れていて信頼性が高いものが多いです。
長い目でウェブライティングのスキルアップをするために、時間がゆるす限り、読書は行いたいものです。

ユニークすぎる表現はウェブライティングで嫌われる理由

「ライターをやっています」というと、さぞかし高尚な文章を書いているのでは、という印象を持たれることがあります(笑)。ウェブライターというのは、やったことがない人から見れば、それほどスキルの必要なものだと思われるようですが、実際にはそうではありませんよね。

ウェブライティングの仕事では、「オリジナル記事をお願いします」と言われますが、「オリジナル記事」というのは「ユニークな記事」とは異なります。

作家であれば、ユニークな表現やオリジナリティーが高い文章は高く評価されます。しかし、ウェブライティングの世界では、あまりにユニークすぎる表現は嫌われる傾向にあります。その理由を書いてみます。



オリジナル記事とユニークな表現は別物


ユニークすぎる表現はウェブライティングで嫌われる理由
ライターの仕事でよく言われるのは、「オリジナル記事を作成してください」というものです。この場合の「オリジナル記事」というのは、「コピペでない記事」と解釈するのが正しいでしょう。
似たような語彙に「オリジナリティー」という言葉がありますが、この場合のクライアントは決して「オリジナリティーにあふれる文章」を期待しているわけではありません。
オリジナリティーにあふれる文章というのは、表現力が豊かでユニークな文章ということです。まあ、「ユニーク」という言葉は、厳密にいうと「唯一の」という意味の英語ですので、「オリジナル文章」と同意かもしれませんが、日本語的には「他に見ることのない変わった表現」という方が近いでしょう。

ウェブ上の記事ではユニークな表現は必要ない


結論から言うと、ウェブ上の記事作成にあたって、ユニークな言い回しとか、表現力豊かな文章は、必ずしも必要とされません。もちろん、これは依頼主によりますので、ウェブ上に書籍のような文章を必要としている人や電子書籍用の記事は少し事情が異なります。
「必要とされない」どころか、逆にむしろ「ユニークすぎる表現」は避けてほしいと思っているクライアントもいるでしょう。
その理由は、検索エンジンです。

検索エンジンの不完全性


多くのネットユーザーの目的は自分に必要な情報を得ることです。そのため、検索エンジンを利用する人がほとんどですが、その場合、数個のキーワード入力により検索しますよね。
このとき、たとえ自分の文章にユーザーの求める答えが書いてあったとしても、そのキーワードが含まれていなければ、そのユーザーの目には触れないことになります。
検索エンジンはどんどん進化していて性能が良くなってきています。しかし、それでも現在の時点で、キーワードにより内容を判断するという方法を取っています。
つまり、多くの人が検索するであろうキーワードを、「ユニークな言い回し」や「オリジナリティーのある表現」で置き換えてしまうと、あなたの文章は検索結果として表れてこないということなんです。

検索エンジンはシンプルな文章しか読めない


もう一つ、検索するさいのキーワードのほかに、検索エンジンにとってその文章を判断する指標となるのが、「共起語」と呼ばれるものです。
これは、ある一つのキーワードを語る際の文章に含まれる可能性が高い語彙のことを指します。
例えば、「便秘」「解消法」に関する記事であれば、含まれる可能性が高い「共起語」は、「腸」「食物繊維」「乳酸菌」などになるでしょう。
つまり、これらの共起語が含まれている記事の方が、より読者にとって役立つ記事とみなされる可能性が高いということです。もし「腸」や「食物繊維」を他の言葉で置き換えてしまったら、その文章の評価は下がってしまうでしょう。

ウェブライティングは普通の文章が求められる


ウェブライティングにおいて、高尚な文章とか、人を感動させる文章といったものは、特に必要とされていません。むしろ、創造性やオリジナリティーとは対極にあると考えてもよいでしょう。
豊かな表現力よりも、一般的な表現を使い、レポートなどをまとめてわかりやすく人に説明できるスキルが求められているんです。

スマホユーザーをターゲット読者とするウェブライティングに必要なものとは何か

最近は、ネットサーフィンをするときにスマホから検索するという人が増加しています。それにともなって、ウェブライティングでも、スマホユーザーのことを考慮したライティングというものが必要となってきています。

スマホユーザーをターゲットとするウェブライティングに必要なものとは何でしょうか。まとめてみました。


スマホユーザーが大部分を占めるようになる時代


スマホユーザーをターゲット読者とするウェブライティングに必要なものとは何か
現在、すでにスマホでネット記事を読むという人が半分を上回るサイトもあります。スマホの普及はさらに加速することが予想されますので、今後はどんどんスマホユーザーがターゲット読者として大きな割合を占めるようになるでしょう。
スマホとパソコンでは、記事を見る環境も状況も異なります。心理状態も変わってくるかもしれません。ですから、スマホユーザーを意識した記事作成を求められる依頼もあります。

スマホで読みやすい文章とは


スマホユーザーを意識したライティングというのは、まずスマホで読みやすい文章を書くということです。

1.見出しタイトルは長すぎないように


スマホを持っている人ならわかると思いますが、第一にスマホは画面が小さいですよね。画面の幅が狭くなりますので、あまりに長い見出しタイトルは2行、3行になることもあり、見苦しくなります。

2.長すぎない文(センテンス)


また、一つの文が長くなりすぎると、スマホで読むのはつらくなります。スマホユーザーというのは、隙間時間に記事を読むこともあり、斜め読みする人も多いです。
そんなとき、あまりにくどくどの長い文が多いと、何か言いたいのか分からない読みにくい文章になってしまいます。

3.適度な改行


改行が多めな方がスマホで読みやすくなると言えます。スマホで表示される段落は、幅が狭い文縦長になります。スマホの画面いっぱい文字で埋め尽くされていると、一目見て読む気がしなくなることもありますよね。ですから、適度に改行することでスマホでも文字密度を低くすることが可能です。
ただし、あまりに短いテンポで改行しすぎると、今後はパソコンで見たときに余白が大きくなりすぎるので注意が必要です。

4.適度に画像をはさむ


スマホで読む場合、PCに比べて目の疲労度が高くなります。ですから、文章中に適度に画像をはさむことで、休憩してもらうことができます。パッと見た目にも、画像が含まれている記事の方が、読みたくなるというものです。

5.記事全体の文字数について


他人から依頼を受けて記事を作成する場合、文字数が決まっていることが多いので、ウェブライターとして記事全体の文字数を考える必要はありません。しかし、自分のブログに記事を書いたりするときには、文字数も意識したいものです。
スマホで読む場合、文字数が多すぎるのもつらいものです。ひたすらスクロールしなくてはいけない、長ったらしい記事はどんなものかなと思います。ただ、一方で、ユーザーはクリックしたくないものだという意見の人もいますので、的確な文字数に関してはいまだ研究中です。

スマホ画面を想像しながら書く


以上が、私がウェブライティングを行うときに気を付けている、スマホユーザーのための記事作成方法でした。
もちろん、これは依頼主によって、こうしてほしいという要求があるので、その場合はそちらを優先しましょう。
大切なことは、自分の記事が読まれている場面を想像しながら書くということです。スマホ画面でどんな風に見えるか考えながら執筆することが原点だと思いますよ。

ウェブライターからアフィリエイターへの道ー自分のために記事を書く!

私は、2014年からウェブライターをやっていますが、現在はアフィリエイトも同時進行で行っています。ウェブライターは他人のために記事を書く仕事ですが、やっているうちに自分で書きたいことを書いてみたいと思ったりしませんか?

他人のためではなく、自分のために記事を書く、アフィリエイターになる方法について書いておきます。


ウェブライターという仕事で出会った「アフィリエイト」


ウェブライターからアフィリエイターへの道ー自分のために記事を書く!
私がウェブライターとして本格的にライター活動を始めたのが2014年です。当時は、パソコンやネットについて何も知識を持っていなかったので、どんな人が私の記事を買っていくのかもよく理解できませんでした。
しかし、「SEO対策用の記事作成」「キーワードを自然に盛り込んだ記事作成」といった依頼を受けて、自分でもネットで検索しているうちに知ったのが、「アフィリエイト」です。

アフィリエイトとは?


アフィリエイトというのは、ネット上に公開するブログやサイトに広告バナーを貼って、そこから広告収入を得るビジネスです。アフィリエイトの細かい手法については、私はあまりくわしくありません。
しかし、私が記事作成を請け負ってきた多くの依頼主が、アフィリエイト用の記事を依頼していたことがよくわかりました。

自分の記事を書いてみたいという欲求


いつも他人のために記事を書いていると、納得できない修正依頼が来たり、自分では全然いいと思わなかった記事がとても気に入られたりします。
そうしているうちに、私はきっと書くことが本質的に好きなんでしょう、自分で好きなように記事を書きたくなってきたんです。他人のためではなく自分のために書きたいことを書いてそれで収入を得られるとしたら、こんな理想的なことはありません。
私が、自分でアフィリエイトをやろうと決めたきっかけは、自分で書いた記事が(自分では良い出来だと思ったものが)クライアントに「非公開」とされてしまったためです。
「非公開」となった理由は、将来著作権侵害に抵触する可能性があるからでした。依頼主は大手のキュレーションメディアでしたが、その記事は「非公開」となったものの報酬は払ってもらえました。
でも、私はお金ではなくて自分の書いた記事が誰の目にも触れなくなってしまったことがくやしかったんです。これが自分のブログやサイトなら、自分の書きたいように書いて公開することができるのに・・・。

ライターからアフィリエイターへの道


ライターからアフィリエイターへの道
そして、私はアフィリエイターになることを決めました。
当然、私はアフィリエイトやネットに関する知識を全く持っていませんでした。ブログも作ったことがない、まったくの初心者だったんです。しかし、いろいろ検索して情報収集し、まずA8.netという会社に登録しました。
A8ネットは、ASPと呼ばれる会社で、アフィリエイターが広告バナーを取得するためのサイトです。登録は無料ですし、しかもA8ネットには<ファンブログという無料ブログサービスがあって、ブログを持っていなくても、ASPに登録と同時に自分のブログを作ることができるんです。
A8.netの申し込みページ

そして、生まれて初めての私のブログができました。
今は複数のブログを運営しながら、ウェブライターとしての仕事も続けています。ウェブライターとしては、気に入った依頼者か報酬の納得できるものしか受けないことにしています。
同時に自分のブログでは(このブログも含め)、自分の書きたいことを書いています。自分で言うのもなんですが、うまくストレス発散できているのかもしれません。
ウェブライティングの方で、依頼者からインスピレーションをもらって、自分のブログ記事を仕上げることもあります。ただし、コピーは厳禁ですが。
もし、あなたもライターとして他人のために記事を書くのではなく、自分の好きなようにかきたいと思うなら、アフィリエイトを始めてみることをおすすめします。きっと、より充実したライティング生活がおくれると思いますよ。



記事納品後の修正依頼ー納得できないときの対処法

ウェブライターとして記事を書いていると、時々修正依頼が来ることがあります。自分で納得できて、気分よく対応できるケースもあれば、「もう二度とこの人の依頼は受けたくない」と思ってしまうほど、不愉快な修正依頼もあります。

自分で納得できない修正依頼が来た時の対処法について、考えてみました。


プロライターとして稼ぐー文字単価1円以上の案件を取る方法

ウェブライターは、初心者でも簡単に始められる在宅ワークです。しかし、最初のうちは、報酬単価がとても低いことに驚かれるかもしれません。低い報酬単価でも、安定して収入を上げるためにはいつくかの方法がありますが、文字単価を上げることは手っ取り早い方法です。

プロライターとして稼ぐために、文字単価1円以上の案件を取る方法について紹介します。


Webライティングのコツ-キーワードから記事作成する方法

ウェブライターとして仕事を請け負うときに、よく「指定キーワードを使った記事作成」というような案件を見かけますよね。これは、SEO効果を狙ったものですが、キーワードから記事作成するときにはどのような方法が効率的でしょうか。まとめてみました。

キーワードとSEO


Webライティングのコツ-キーワードから記事作成する方法
記事作成の依頼で「キーワードを盛り込んだ記事作成」といった案件は、ほとんどの場合SEO効果を狙っています。SEO対策については以下の記事に書いていますので、読んでみてください。
SEO対策用のキーワードってどういうこと?
SEO対策としてキーワードを盛り込んだ記事作成の方法は、次のようなことに気を付けます。

キーワードを盛り込む目安


キーワードを記事中に盛り込む場合、私の経験上、その目安は1000文字当たり3~5個が適当だと思います。ただし、これは依頼主によって好みがわかれるので、どのくらいのボリュームでキーワードを含めるべきか依頼主に確認してください。
また、キーワードはタイトルにも盛り込みます。タイトルに含める場合、キーワードはできるだけ1回だけ使うようにします(これもクライアントによって意見が異なります)。

キーワードは基本的に改変しない


この手の依頼の場合、複数のキーワードを与えられることが多いです。その場合は、キーワードごとにスペースや「,」で区切られて提示されると思いますが、基本的にクライアントから提示されたキーワードは、改変しないで使います。
例えば「女性の薄毛対策」というキーワードであれば、「女性」「薄毛対策」と分割しないで「女性の薄毛対策」を一塊とします。
ひらがなやカタカナも同様に対応するのが無難です。クライアントによっては「口コミ」と書く人と「クチコミ」と書く人がいますが、そのクライアントの表記そのまま使用する方がトラブルが少ないと思います。

不自然な文章にならないように


いくらキーワードがきちんと含まれていても、不自然な文章になってはいけません。ここが、ライターとしての腕の見せ所ですが、キーワードを適量含めながら自然な文章を作るように心がけます。
例えば「ウェブで稼ぐ」といったふうに動詞がキーワードに含まれているとやっかいです。それでもできるだけ「ウェブで稼ごうとして」とか「ウェブでは稼げない」といった風に動詞活用しないで、「ウェブで稼ぐ」とまとまりで使用する方が喜ばれる可能性が高いです。

キーワードから記事作成する方法


ウェブライターとして効率よく稼ぐなら最低登録しておきたい5つの副業サイト
複数のキーワードから記事を作成する場合、まず与えられたキーワードを検索エンジンで検索します。ヒットしてくる記事にざっと目を通してみましょう。このとき、必ず一つの記事だけ読むのではなく複数の記事を読むようにします。無意識のうちにコピペを作成してしまわないようにするためです。
複数の記事を読めば、なんとなくどんな内容の記事を書けばいいのかつかめてくるはずです。だいたいの記事構成が決まったら、キーワードを自然に含めるようにしながら記事を書いていきます。
最後に自分の書いた記事を読み返し、キーワードが要求されているボリュームで挿入されているか確認しましょう。必要ならタイトル付けを行います。
これで、キーワードからの記事作成は完了です。

画像選定が遅い!ライターとして効率よく記事作成するコツ

ライターとしてクラウドソーシングで仕事をする場合、記事作成の仕事の中に画像選定が含まれている案件があります。これらの案件には、比較的報酬単価が高いものが多いので、効率よくこなせばそれなりに稼ぐことができます。

しかし、ライターさんの中には、「タイピングは得意だけど画像選定が遅い」という人もいるのではないでしょうか。画像選定に時間がかかるのは、作業効率を著しく下げてしまいかねません。

今回は画像選定が苦手な人のために、画像選定に関するコツを考えてみました。


学生の副業やアルバイトに在宅ウェブライターがおすすめな理由

ウェブライターというのは、今では人気のある副業の一つです。会社員やOK、主婦だけでなく、学生の中にもウェブライターとして稼ぐ人がいます。私も実際に学生さんで、ライターとして副収入を得ている人たちに出会ったことがあります。

今回は、学生の副業やアルバイトとして、ウェブライターがおすすめな理由について、書いてみます。



1.文字をタイプすることに抵抗がない


学生,副業,アルバイト,在宅,ライター
おそらくほとんどの学生さんは、大学のレポート提出などでパソコンを使って文章を書くことになれていると思います。
社会人として仕事をしている人や主婦の中には、パソコンなんてあまり触ったことがないという人も多いので、この点ですでに学生さんは有利ですね。
また、学生の中でもパソコンを全く使わない学科というのもあるかもしれません。そのようなケースでも、学校によっては学生が自由に使えるパソコンがあったりするものです。
そんな場合、わざわざパソコンを自分で購入する必要もないので、得ですよね。


2.情報収集になれている人が多い


学生さんは、講義の中や課題として、自分で資料を選び必要な情報を抽出し、レポートにまとめるという作業が多いものです。
自分に必要な情報を集めてそこから結論やまとめを導き出すというのは、ウェブライターとしても必要とされる技術です。
つまり、情報収集の技術をウェブライターとして活かすこともできるし、逆にライターとして培った技術を自分のレポート作成に活かすことも可能です。


3.自分の興味のある業界について掘り下げることも可能


ライターの仕事のジャンルはとても幅広いので、自分が将来考えている進路に役立つジャンルのものを選ぶことも可能です。そうすれば、目指している業界や業種の下調べをしながら、それを記事にして報酬をもらうことも可能です。


4.自分の空き時間を使って作業ができる


これは、学生に限ったメリットではありませんが、自分の好きな時間に好きな場所で作業ができるというのも、ライターの大きなメリットの一つです。
ネット接続ができる状態であれば、いつでもどこでも仕事ができますので、自分の空き時間を見つけて、コツコツ作業を進めることができます。
また、請け負う仕事のボリュームも、依頼主と交渉すれば、忙しい時期には作業数を減らしたり、時間がある時にはガッツリ仕事をして稼ぐということも可能になります。


少しでも空き時間があるなら始めてみよう!


このように、学生のアルバイトとしてもおすすめなウェブライター。自分のペースで仕事ができて、やり方次第では、報酬アップもそう難しくありません。
興味がある人は、ぜひ、積極的に挑戦してみてくださいね。
ウェブライターとして効率よく稼ぐなら最低登録しておきたい5つの副業サイト
Webライターってどんな仕事?ウェブライターになる方法

ライターの仕事に応募しても採用されない理由と対策法

クラウドソーシングのサイトに登録してウェブライターの仕事をしようというときに、ライティングの仕事に応募してもなかなか採用されないということもあります。特に、まだライターとして経験が少ない場合、単価の高い仕事に応募してもライバルが多く、採用されにくいものです。

そんな時に、どうやったら取りたい仕事に採用してもらえるのか、考えてみました。


締め切りに間に合わない!ライターとしての〆切管理の方法

ライターの仕事には、原稿提出の〆切がつきものです。ライターで生計を立てようと思うと、数件の仕事を掛け持ちで請け負うことも多くなりますが、そうなってくるとたいへんなのが、各案件の〆切管理です。

しまった!締め切りに間に合わない!なんてことがないように、日ごろからきちんと仕事管理をしておきたいものです。

今回は、ライターとして請け負う仕事の〆切管理についての話です。


クラウドソーシングでライターをすることのメリットとデメリット

クラウドソーシングでライターを行うことには、たくさんのメリットがありますが、デメリットはないのでしょうか。クラウドソーシングを介してライターの仕事を行う、クラウドライターのメリットとデメリットについて、考えてみました。





クラウドソーシングのデメリット

クラウドライターのメリットとデメリット
クラウドソーシングのデメリットには「文字のわりに報酬が少ない案件が多い」というのがあります。これは結構問題になっている事です。
プロのライターさんからしたら「クラウドソーシングの文字単価は安すぎる!」という声がかなり多いです。たしかに「10文字で1円」の案件など実際の所多いです。しかし、中には良心的な案件もあります。悪質な案件を減らす事が、今後のクラウドソーシングの発展に繋がります。


クラウドソーシングのメリット


1.場所を選ばず作業可能


クラウドソーシングのメリット1つ目は「外に出ないでもお金を稼げる」という点です。クラウドソーシングはネット環境があれば家で出来るので、外に出るのが嫌な人や、何らかの理由で働けない人には、かなり有難いシステムです。


2.未経験者でも仕事がある


クラウドソーシングのメリット2つ目は「素人の人でも利用しやすい」という点です。クラウドソーシングではプロ並みの記事の質は求められていません。半分くらいの案件が、その人の経験談や、指定された物に対する意見とかなので、素人の人でも難なく書ける所が良いです。


3.知識を増やすことができる


クラウドソーシングのメリット3つ目は「知識が増える」という点です。案件の中には「〇〇について調べて、まとめてください」という物があります。
指定された物を調べる事によって、知識を得ることが出来ます。例えば「最近の格安スマホについて、まとめてください」という記事を書くことになったら、格安スマホの事を調べるので、格安スマホの知識は増えますし、報酬ももらえます。


メリットの多いクラウドライター


このように、クラウドソーシングでライターを行うことは、メリットの方が多いような気がします。
報酬が少ないというデメリットも、しっかりと仕事の内容に見合った報酬を提示してくれるクライアントを選ぶことで、少しは解消できるでしょう。

ライターとして効率よく稼ぐには、きちんと休みを取ることも仕事のうち

ウェブライターという仕事をやっている人は、ネットで仕事のやり取りをしている人が多いと思います。つまり、ネット接続とパソコンがあれば、いつでもどこでも作業ができるわけですよね。

そうなってくると、ついつい陥ってしまうのが「過労」です。

週休2日とか3日とか、日本でも話題になっていますが、ライターだって最低限週休1日は欲しいものです。そうしないと、かえって記事の質が下がることも。



自分の体調管理も仕事のうち


ライターの休日
どんな仕事でもそうですが、ぶっ続けの作業は集中力の低下を招き、かえって作業効率が下がってしまうことになります。
特に、フリーランスやクラウドソーシングでライターをしている場合、自分の作業時間を自分でコントロールできるというメリットがある反面、自分できちんとお休みをとらないと働きすぎるという危険性もあります。
また、フリーランスの場合、どうしても出来高制になりますので、仕事をしないとお金にならないというのも本音ですよね。ですから、たくさん稼ごうと思うと、無理をしてでも作業をしてしまう、という気持ちもわかります。
しかし、ダラダラと作業すればするほど、効率は低下し生産性も下がる、記事の品質が悪くなるので、クライアントが満足しなかったり修正依頼が来てさらに生産性が落ちる、という悪循環になってしまいます。
体調管理、時間管理も仕事の内と割り切ることが大切になってきます。


週に1日は仕事をしない日を作る


週休3日とは言いませんが、週に1日は休暇をとりましょう。「今日は仕事をしない日」というのを決めて、パソコンは開かない、スマホでメールチェックもしない!と決めてしまうんです。
自宅で作業をしている人にとっては、自宅にいて仕事のことを忘れるのは困難かもしれません。そんな場合は、ちょっと外出したり友人を家に招いたり、近くのカフェや図書館で過ごしたり…、と工夫してみてください。
そうやって、気分転換をしているときに、新しい記事のネタが浮かんだり、書きかけの記事の文章構成を思いついたりするものです。


スケジュール帳などで時間管理を徹底する


とはいえ、ライターの仕事には〆切がつきものです。休日をとるにしても、常に〆切管理をしておく必要があります。
特に並行して何本も仕事を請け負っている時には、スケジュール表やアプリなどを利用してきちんと〆切管理をしておきましょう。そのうえで自分の休日をアレンジすることが大切ですね。
締め切りに間に合わない!ライターとしての〆切管理の方法

クラウドワークスのタスク手数料が有料化、ライターへの今後の影響とは

クラウドワークスは、クラウドソーシングサイトの中でも、国内で規模の大きいサイトのひとつです。初心者ライターにも使いやすく、副業や本業、さまざまなワークスタイルで使用している人が多いサイトです。

私もライターとして登録していますが、2017年6月より、以前は無料だったタスク手数料が有料化されました。





クラウドワークスのタスク形式とは?


ライター、副業、手数料
クラウドワークスのタスク作業というのは、不特定のワーカーに大量に仕事を発注できることが特徴です。仕事の内容としては、主に簡単な入力作業やアンケート、比較的短文の記事作成などが多いです。
仕事の単価は比較的安価になりますが、サッと素早くできる作業が多く、クライアントとの報酬交渉などの手間もかかりません。
隙間時間にサクッと稼ぎたいという人にはうれしいシステムです。


なぜ今さら有料化?


このタスク形式ですが、今回2017年の6月より有料化されてしまいました。私がクラウドワークスに登録したばかりのころは、タスク作業は有料でした。その後、無料化となり、そして今回また有料化に逆戻りしたということになります。
その理由として、クラウドワークス側は「健全化」といっております。タスク無料化に伴って、それを「悪用」とまではいかなくても、不正利用に近いカタチでの利用が目立ってきたということなのでしょう。
そもそも、タスクを無料化するということは、仕事を受ける側も依頼する側も全くコストをかけずにクラウドワークスのシステムを利用できていたということですから、利益を追求する会社としては、無料にするメリットがあまりにもなさすぎたということなのかもしれません。


ライターへの影響は?


それがライターにとって、よい影響になるのか、悪い影響を与えるのか、という点が気になりますよね。
私が個人的に感じるのは、登録しているライターとしては、どちらかというと良い方へと向かうのではないかと思います。
もちろん、無料だった手数料が再度発生することになるので、クラウドワークス側へ支払う金額は多くなるということになります。が、どんな形であってもサービスを利用する限りは、その会社に対して手数料を払うことは当然だと思われます(ただ、クラウドワークスの手数料は高いとは感じますが)。
また、このタスク無料化だけが原因ではありませんが、ライターの報酬単価が下がった、もしくは上がりにくくなったということは感じていたので、長い目で見るとこれでよかったのかなとも思います。
クラウドワークスは、ライターの報酬単価が低いことでも有名ですが、サービス側はこれを改善する意向を示してもいます。これが、クラウドワークス側の本音かどうかは別として、ライターの報酬単価低下に歯止めがかかればいいなあと切に願います…。
http://writer-biz.com/make-money/5sites/

主婦の在宅副業としてウェブライターが人気な理由を考えてみた

ウェブライターの仕事は、副業で行っている人が増えています。やったことがない人にとっては、ライターなんて…、としり込みしてしまう人もいるかもしれません。でも、主婦にとっても在宅でできる副業として、今大人気なんです。その理由について、考えてみました。

Webライターとして仕事をする際の「オリジナリティ」とは何を意味するのか?

Webライターの仕事に応募するとき、よく見かけるのは「オリジナリティのある記事を作成する」という仕事内容です。ライター案件の多くは、ウェブ上の情報を収集して記事にするというものが多いわけですが、それで本当に「オリジナリティのある記事」を作成することは可能なのでしょうか。



Webライターの仕事とは


ライター、コピペ禁止、オリジナル記事
Webライターというと難しく考えてしまう人もいますが、要するにウェブ上に公開するサイトやブログ記事を作成するというものです。ライターというと、少し前までは雑誌や新聞などの媒体しかありませんでした。しかし最近はインターネットの普及で、Web上の記事作成ができるライターさんの募集が増加しています。
ウェブライターの募集案件でよく見かける仕事の内容は、インターネットで収集できる情報をもとにして記事に書き起こすというものです。いわゆるまとめ記事というと分かりやすいでしょうか。キュレーションサイトの記事作成案件でもよくこんな言い方をされますね。

オリジナリティとは一体何か?


例えば応募要項にこんな風に書かれていることがあります。
インターネットを検索して得られた情報をもとにして記事を作成していただくお仕事です。オリジナリティにあふれる記事を書けるライターさん、歓迎!

オリジナリティとは、独創性とか、唯一性という風に解釈されますが、ネット上の記事をいろいろ読んで書くた記事が果たしてオリジナルだと言えるのでしょうか。

書き方や切り口次第でオリジナル記事は書ける


結論からいうと、そのライターさんの切り口や書き方で、オリジナルな記事を作成することは可能です。たとえばネット上に専門者向けの記事しかない情報を、いろいろ集めて専門外の一般人向けに書けばそれだけでオリジナルな記事になるはずです。専門家向けの用語と一般人向けの用語では、言い回しやボキャブラリーも異なってくるはずですよね。
また、ネット上にバラバラに存在しているレシピ記事をピックアップして「血糖値が気になる人におすすめなレシピ」として紹介すれば、それもオリジナルな記事になるはずです。

コピペ≠オリジナル記事という場合も


また、クライアントによっては、単に「コピペでない=オリジナル記事」という意味で「オリジナリティ」という言葉を使っている人もいます。記事代行を依頼するクライアントは、著作権問題に関連してコピペ記事を嫌うので、そのような言い方をしてオリジナルな記事が書けるライターさんを探しているのですね。
このように、一見矛盾しているように見える応募要項ですが、実は取り掛かってみると容易な案件だと言えます。ネット上にある情報を自分の言葉でまとめるだけなんですから、慣れれば時間もそれほどかからなくなります。
そんな応募要項を目の前にして、応募を迷っているなら、ぜひ思い切って挑戦してみてください。

クラウドワークスやランサーズなどで報酬未払いなどのトラブルを避ける方法

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトは、どんな人でも登録できて、仕事を受発注できます。それはとて便利なシステムですが、一方で作業を完了したのに報酬が未払いになってしまった、クライアントと連絡が付かなくない、といったトラブルも起きているようです。

今回はクラウドソーシングサイトを使ってライターの仕事を受けるときに、トラブルを避けるための方法について、考えてみました。

応募するクライアントの評価を確認する


ライターとしてココナラで出品!依頼を増やすためにやっておきたい5つのこと
まず、ライターの仕事に応募するときに、初めてのクライアントの場合、少なくともクライアントプロフィールなどを確認してきましょう。
確認すべき項目は次のような点です。

  • 本人確認ができているか

  • 過去どのくらい仕事発注の実績があるか

  • 仕事受注者からの評価とレビュー

本人確認


ランサーズやクラウドワークスには、登録時に本人確認が必要ありません。そのため、だれでもハンドルネームで登録することができ、一人で複数のアカウントを作ることもできます。
一方で、中には、きちんと本人確認をすませているクライアントさんもいますので、心配な人はそのようなクライアントを選ぶという方法もよいでしょう。
本人確認は、身分証明書などの写しをデータとして送付することで行われます。本人確認ができているということは、その分報酬未払いやクラウドソーシングサイトの規約違反などのトラブルが起こりにくいと考えてよいでしょう。
ただし、本人確認をしているクライアントはほんの一部です。あまり、ここにこだわりすぎると、仕事の案件選択肢を狭めてしまうというデメリットもあります。
また、最近は登録時に必ず本人確認が必要となる「Bizseek」のようなクラウドソーシングサイトもあります。

過去の実績


クライアントのプロフィール画面では、過去どのくらいの仕事の発注実績があるかが示されているはずです。一概には言えませんが、過去の発注数が多い方が、その分仕事の依頼に慣れていてスムーズな対応が期待できるでしょう。
サイトに登録している期間も確認できればしておきます。登録期間が長いのに、仕事発注数が少ないクライアントからは、定期的な仕事の依頼が得にくいと考えられます。
また、登録したばかりのクライアントの場合、あまりにもプロフィール内容が貧弱で情報に乏しいときは、その案件への応募を控えて様子を見た方がいいかもしれません。トラブルとまではいかなくても、連絡が遅い、取りにくいなどのストレスがないとも限りませんから。

評価とレビュー


これは、ここに挙げたチェック項目の中で、一番参考にすべきポイントだと思います。
多くのクラウドソーシングサイトでは、発注側も受注側もお互い評価できるシステムを備えています。過去にそのクライアントの仕事を受けた人が、そのクライアントに対して評価を書き込めるようになっています。
サイトによって、5段階や10段階など、評価の段階はそれぞれですが、平均80%以上のスコアがないクライアントというのは、やや問題があるような気がします。ただし、評価数にもよります。100人の人が評価しているのは信憑性がありますが、数人の評価だけではあまり信頼性が低いですよね。
評価とレビューがすべてではありませんが、著しく低いクライアントの仕事は、応募しない方が無難だと思いますよ。

仮払いを確認してから仕事を開始する


クラウドワークス,ランサーズ,報酬未払い,トラブル
クラウドソーシングサイトでは、さまざまな仕事の形態があります。その中でも報酬金額が比較的大きくなるのが、クライアントと1対1で契約を交わしてから取り組むお仕事です。クラウドワークスでは、プロジェクト形式と呼ばれています。
このような形式で仕事の依頼を受ける場合、契約完了後、クライアントが仮払い(エスクロー)を行ってから仕事を開始します。つまり、クライアントからの支払い金額をいったんクラウドソーシングサイト側に納めてもらい、仕事が完了したら仮払いされた金額が受注者に支払われるという仕組みになっています。
こうすることで、仕事を完了したのに報酬が未払いのまま、という事態を避けることができるからです。
仕事を受ける側として気をつけたいのは、必ず、クライアントが仮払いをしたのを確認してから仕事にとりかかるということです(テスト記事作成ななどの場合を除きます)。

クラウドソーシングサイト以外のやり取りを控える


クラウドワークス,ランサーズ,報酬未払い,トラブル
クラウドソーシングサイトで知り合ったクライアントさんに、(クラウドソーシングサイトを介さず)直接仕事の契約を交わしたい、と提案されることもあります。これは、クラウドソーシングサイトを介して仕事を受発注すると、サイト側へ手数料を払わなくてはいけなくなるからです。直接やり取りすれば、その手数料分、お互い得することになりますよね。
もし、クライアントからこのような申し出があったとき、受容するか拒否するかは自己責任となります。
ですが、報酬未払いなどのトラブルを避けたいのであれば、できるだけ直接やり取りは避ける方が無難だと考えています。特に、報酬金額が大きくなると、その分未払いになったときのショックが大きいですよね。
もちろん、手数料分を削減して少しでも手取り金額を増やしたいという気持ちもわかります。よほど信頼できるクライアントなら良いかもしれませんが、常にリスクがあることを理解しておくべきでしょう。

ライティングスキルを上げるために初心者がまずやるべきこと「推敲」

ライターとしてレベルアップするためには、ライティングスキルの向上はかかせません。記事は書けば書くほど上手になっていくものですが、できれるだけ早くスキルアップしたいのはみなさん、同じだと思います。

では、ライティングスキルを効率的に上達させるためには、どうすればいいのでしょか。


記事作成における、漢字とひらがな・カタカナとのバランスについて

ウェブ上の記事をライティングする際に、意外とポイントなのが漢字のボリュームとバランスです。普段何気なく使っている感じですが、多すぎても少なすぎても読みにくい記事になってしまうことがあります。
漢字のボリュームに関しては、ライターさんの好みもあると思いますが、お仕事として記事を執筆するのであれば、読み手にとって読みやすい記事作成を目指すことも仕事のうちということになりますよね。
今回は、記事作成における漢字とひらがな・カタカナのバランスについて考えてみたいと思います。

効率よく稼ぐ人はみんなやってる、タスクとプロジェクトの使い分け

クラウドソーシングでライターを行っている人にとって、いかに効率よく作業を進めるかが収入に直接関係してきます。同じ時間内でどのくらい稼げる案件を数多くこなせるかが、カギになってくるわけですが、そのためには、仕事の案件選びが大きくものをいいます。

案件の選び方で生産性が大きく変わってきます。

その月にできる作業時間数は限られていますので、その中でいかに生産性を上げるかで、その月の収入が決まってくるわけです。

限られた時間内で作業効率性を上げるために、うまく行いたいのが、プロジェクト形式とタスク形式の使い分けです。

クラウドワークスで依頼を受けたクライアントの文章修正指示が細かいときの対処法

クラウドソーシングとして、国内最大手級のクラウドワークスには、実にたくさんの利用者が登録しています。その分、多くの人の中からクライアントや案件を選ぶことができるので、とても便利ですよね。

ただし、クライアントとワーカーとのトラブルも多いわけで、中にはクライアントに納品した文章の修正依頼が細かくてうんざり…、というケースも。

あまりにも修正の指示が細かいと、ライターとしてはやる気が萎えてしまうのも事実でしょう。クラウドワークスで受けたクライアントの文章修正が細かいときには、どのような対応をするべきなのか、考えてみました。