2016年3月25日金曜日

ウェブライターの仕事にはどんなものがある?

世の中に、ライター(作家?)と呼ばれる人は、いくつかの種類に分かれます。ウェブライターというのは、主に、ウェブサイトに記事を投稿して、その原稿料などで生計を立てる人たちのことです。

私は、クラウドソーシングの会社に登録して、ウェブライターとして記事作成を請け負っています。もちろん、ウェブライターとして働くには、他の方法もありますが、少なくともクラウドソーシングで登録すれば、登録した瞬間からお仕事をすることも可能になります。

簡単に始められるライターの仕事ですが、どんな仕事があるのだろうと思っている人も多いと思います。今回は、ウェブライターの仕事にはどのようなものがあるのかまとめてみました。

2016年3月23日水曜日

記事作成単価の相場ってどのくらい?報酬の計算方法

記事作成の際に、自分が請け負う仕事としてその価格が適当なのか、気になりますよね。ウェブライターとして記事作成する場合の、報酬の相場や計算方法についてまとめてみました。

文字数と記事単価について-文字数の多い案件はやりやすいのか?

ウェブライティングの仕事は、文字数によって報酬単価が異なります。一般的には、文字数が多い方が、記事単価は高くなります。しかし、文字数と報酬単価が比例するかというとそうでもありません。

一方で、作業時間という観点からは、文字数の多い記事を1本仕上げる方が、文字数の少ない記事を複数書くよりも時間短縮になることが多いです。

とはいえ、一概に文字数の多い案件の方がやりやすいとは言えません。今回は、文字数と報酬単価の関連性から、どちらの案件が得かというお話です。

ウェブライターの月収ってどのくらい?

ウェブライターとして働くには、副業として行う人と、専業ライターとして生計を立てる人がいます。ウェブライターになるのは、文章が書ければ比較的簡単ですが、その分、報酬はピンキリとなります。専業のWebライターとして活躍する場合、どのくらいの月収を稼ぐことが可能なのでしょうか。

リライトって何?コピーとの違いとその作成方法

ウェブライターの仕事を眺めていると、「リライト」という言葉が目につきます。これは、ポジティブにもネガティブにも使われていますが、リライトって何?と疑問に思っている方も多いでしょう。

ここでは、初心者ライターの方にわかりやすいように、リライトについて説明してみます。

2016年3月22日火曜日

Webライターってどんな仕事?ウェブライターになる方法

自宅でできる副業として、最近人気の仕事がウェブライターです。ウェブライターというのはどんな仕事で、どうすればウェブライターになれるのか、まとめてみました。これから、ウェブライターを目指したい人の参考になればうれしいです。