2016年12月6日火曜日

仕事の合間にサクッとスマホで稼ぐポイントサイト

クラウドワーカーとして仕事をしていると、基本的には出来高制ですよね。ですから、短時間で仕事を多くこなす「効率性」が大切になります。

でも、実際にはなかなか集中できないときや調子が悪いときもあるはず。

そんな時には、気分転換としてポイントサイトで遊んでみてはどうでしょうか。

ポイントサイトはカンタンなアンケートに答えるだけでポイントがたまったり、短い文章作成でも小銭を稼ぐことができます。

登録は無料ですので、私は複数のサイトに登録しています。ちょっとした空き時間や休憩として、利用するのもおすすめですよ。




スマホからでも簡単にサクッと稼げるポイントサイト

2016年11月8日火曜日

記事作成の種類、ブログ記事、サイト用コンテンツ、説明文、コラム…って何が違うの?

ウェブライターの仕事をしていると、依頼主やその目的によって、さまざまな記事作成の案件があります。一口に記事作成といっても、ブログ記事であったりサイト用コンテンツ、説明文、コラム、レビューや口コミ記事など、いろいろなスタイルがあります。

ライター初心者のうちは、どのタイプの記事にどのようなことが要求されるのかわからないものです。私も駆け出しのころは違いがよく分からなかったものです。

今回は、記事作成の種類とその特長、執筆にあたって気をつけたいことを書いておきます。

最終的には依頼主次第


記事作成の種類、ブログ記事、サイト用コンテンツ、説明文、コラム…って何が違うの?
ライターの仕事をいくつか経験すると、記事作成にもいくつかの種類があり、それによって要求される書き方やスタイルが異なることに気づきます。例えばブログ記事とサイト用コンテンツでは書き方が異なるわけですが、その定義はあいまいで、最終的には依頼主次第だと思ってください。
ここでは、おおよその傾向として、ライティングスタイルの違いについて書いておきますので、あくまで参考程度にしてくださいね。

ブログ用記事とサイト用コンテンツ


ブログというのはネット上で公開する日記のようなものです。最近はブログの定義も広くなったようで、一見情報サイトやウェブマガジンのようなブログもあります。
基本的には個人が書いているものという前提ですので、ブログ記事は自分の意見や感想を盛り込むのが普通です。
一方、サイト用コンテンツは、企業や団体のウェブサイト用の記事であることが多く、内容的にはあまり「書いている人」を強調しないことが多いです。しかし、中にはライターのペンネームやポロフィールが掲載されているものもあり、その場合h「著者」として自分の意見や感想、体験を盛り込むこともあります。
依頼者によって微妙な違いはありますが、おおざっぱに言うとブログは日記、サイトは辞書的なものなので、ブログ記事は主観的、サイト用コンテンツは客観的に書くほうが無難です。顔文字なども、サイト用コンテンツでは嫌われる傾向が強いです。

説明文とコラム


説明文というのは、自分の意見や感想を一切加えず客観的事実のみを述べるものです。ですから、「と思います」「のようです」といった、気持ちを表す言葉や伝聞・推測表現は使用しないのが基本です。
「です・ます」もしくは「だ・である」調で断言するスタイルが中心となります。
一方、コラムというのは、よく新聞などに見る「社説」や「評論」に近いものになります。例えば新聞のニュースは、客観的事実を述べていますが、社説は書く人の意見としての結論を導きますね。つまり、コラムも起こった事件や集めた情報をもとに自分の意見を加えて何らかの結論を導き出すものと考えます。
また、コラムでは、読者に向かって語りかけるような表現をすることがあります(~ですよね、など)が、説明文ではそのような表現はしないのが基本です。
ちなみに、似たようなものに「エッセイ」がありますが、コラムは最終的にある結論付けを行う(もしくは暗示する)のに対して、エッセイは必ずしも何らかの結論が用意されているものではありません。エッセイには、ただ思ったことをつらつらと書き記したものという感じのものが多いでしょう。

クライアントの意向が第一優先


以上、いろいろなライティングスタイル別の書き方についてまとめてみました。しかし、冒頭でもいいましたが、最終的にはクライアント次第ということになります。クライアントの中には、ブログとサイトの区別もよくわからない人も、まれにいるものです。
かといって、あまり「コラム用の記事ですか、サイト用コンテンツですか」としつこく聞くのも、クライアントにしてみれば「うざい」と思われるかもしれません。
「ブログ記事だからこう」と決めつけてしまわないで、その依頼者にあわせて臨機応変に柔軟に対応するようにしましょう。

2016年10月23日日曜日

クラウドワークスでキャリアアップする方法とメリット

今回は、国内最大級のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」でキャリアアップする方法とメリットについて、お話ししたいと思います。



1.クラウドワークスでキャリアアップする方法って?


クラウドワークスでキャリアアップする方法とメリット

デザイン・ホームページ制作・アプリ開発といったプロ向けのお仕事から、ライティング・データ入力など特別なスキルを必要としないカンタンなお仕事まで、クラウドワークスにはさまざまなお仕事があります。

キャリアアップって、プロ向けのお仕事をしている一部のワーカーだけのものと思っていませんか?

そんなことありません!クラウドワークスの全てのワーカーにキャリアアップのチャンスがあるんです。

クラウドワークスでは、特別なスキルを必要としないお仕事でも、ひとつひとつのお仕事を確実・丁寧にこなしていくことで誰でもキャリアアップすることができます。

最初のうちは、お仕事単価はあまり気にしないで、今の自分が持っている能力を、最大限に発揮できるお仕事を選びましょう。ひとつひとつのお仕事を確実・丁寧にこなしていき、クオリティの高いものを納品するよう心がけることが大事です。

実績を着実に積み上げていくことで確実にスキルアップしていきますので、単価の高いお仕事を、自然と自信を持って選べるようになっていきますよ。

お仕事の流れに慣れてくると、効率よくこなしていくために必要なスケジューリング能力も自然と身についていきます。それにともない収入も徐々にアップしていくはずです。



2.クラウドワークスでキャリアアップするメリットって?


クラウドワークスでキャリアアップする方法とメリット

クライアントが知りたいのは「あなたが単価いくらのお仕事をしてきたか」ではなく「安心してお仕事を依頼できるかどうか」です。

単価の高い低いにかかわらず、どんなお仕事でも選んだからには、誠実に責任をもって納品していきましょう。コツコツと実績を積んでいくことが、今後お仕事を続けていくために必要な、あなたのキャリアになります。


公開ページ(プロフィール)の充実


クラウドワークスでキャリアアップする方法とメリット


お仕事の実績や評価・タスク形式での作業承認率など、あなたのクラウドワークスでの実績はすべて、自分の「公開ページ」に記載されます。この公開ページは、クライアント・ワーカー誰でも閲覧することができるようになっています。

クライアントと対面することなく、応募から契約まですべてオンライン上で完結するクラウドワークスでは、公開ページは、クライアントにアピールするための重要なツールになります。

公開ページ=履歴書ですね。積み重ねてきたキャリアが評価され、スカウトしてくれるクライアントが1人2人と増えていくと思います。

また、継続的にお仕事を依頼してくれるクライアントと出会うことができれば、あなたが今後スキルアップしていくことで再評価され、お仕事単価がアップするチャンスもあるかもしれません。


「プロクラウドワーカー」認定


クラウドワークスでキャリアアップする方法とメリット

クラウドワークスが定める認定基準を満たしているワーカーは「プロクラウドワーカー」として認定されます。

プロクラウドワーカーに認定されると、公開ページなどにプロクラウドワーカーマークが表示されるほか、プロクラウドワーカーの専用ページに掲載されます。お仕事能力の高さをアピールすることで、クライアントからスカウトされやすくなるというメリットがあります。

また新しい試みとして、プロクラウドワーカー限定の特別キャンペーン「クラウドワーカーボーナス」が企画されています。

「クラウドワーカーボーナス」



  • 対象期間:2016年7月1日~2016年9月30日



  • ボーナス支給予定日:2016年12月



  • ボーナス支給額:
    対象期間中の報酬額により発生するシステム利用料(報酬確定金額の5%~20%)のうち最大10万円






3.おわりに


クラウドワークスでキャリアアップする方法とメリット

クラウドワークスでは、自分のライフスタイルに合わせて自由にお仕事ができます。100人いたら100通りの働き方があるはず。誰かと競争したり、誰かのマネをする必要なんてありません!

ご自分が楽しめるペースでキャリアアップしていくことができるのも、クラウドワークスで働く大きな魅力ですね。



2016年10月22日土曜日

クラウドワークスの手数料について

クラウドワークスでお仕事を受注するときに関係してくる、手数料「システム利用料」について今回はお話ししたいと思います。

1.クラウドワークスのシステム利用料って?


クラウドワークスの手数料について
クラウドワークスでは、お仕事を発注するクライアントはシステム利用料無料(有料オプションを除く)です。
一方ワーカーは、会員登録やお仕事への応募はシステム利用料無料!
実際にお仕事を受注して、契約が完了し報酬がお支払いされるときに、報酬額からシステム利用料が差し引かれるようになっています。クラウドワークスのシステム利用料は、ワーカーが受け取る報酬金額の5%~20%。契約金額によって計算方法が変わってきます。
ただし、タスク形式のお仕事はシステム利用料0円です!

2.クラウドワークスのシステム利用料は、報酬金額の5%~20%!


クラウドワークスの手数料について

クラウドワークスのシステム利用料



  • タスク形式のお仕事⇒無料!(追記:2017年6月より有料化されました)

  • 20万円を超えた部分の金額に対して⇒5%

  • 10万円超~20万円以下の部分の金額に対して⇒10%

  • 10万円以下の部分の金額に対して⇒20%

ちょっと分かりづらいので、例を挙げてみますね。
例)契約金額(税込)が25万円の場合の、システム利用料の計算方法。

  • 20万円を超えた部分の金額に対して⇒2,500円(5%)

  • 10万円超~20万円以下の部分の金額に対して⇒1万円(10%)

  • 10万円以下の部分の金額に対して⇒2万円(20%)

契約金額は25万円ですが、25万円に対してシステム利用料5%ではなく、このような計算方法でシステム利用料が算出されます。
つまり、この場合は「32,500円」がシステム利用料として、ワーカーが受け取る報酬金額から差し引かれるということになります。

3.おわりに


クラウドワークスの手数料について
クラウドワークスのシステム利用料は、お仕事の単価によって変わってくる、ということを覚えておきましょう。
クラウドワークスでは、クライアントとしてお仕事を発注する場合や、単価が10万円を超えるようなプロ向けのお仕事を受注する場合は、とてもオトクだといえます。
システム利用料が気になる方は、お仕事が限られますが、「システム利用料0円」の初心者向けのタスク形式から、お仕事を探すのも良いかもしれませんね。

追記:


クラウドワークスのテスク手数料は、2017年6月より有料化されています。

2016年10月21日金曜日

クラウドワークスのタスク案件の使い方と注意点

今回は、クラウドワークスのタスク案件の使い方と注意点について、お話ししたいと思います。


1.タスク案件の特徴と使い方


クラウドワークスのタスク案件の使い方と注意点

タスク案件は、400字程度の文章作成・データ入力・アンケートなど、ちょっとしたスキマ時間にサクッとお小遣い稼ぎできるような、カンタンなお仕事がたくさんあります。作業開始前にクライアントとコンタクトをとる必要がなく、気軽に作業できるのが大きな魅力です。
使い方はカンタン!お仕事の募集ページ【仕事を探す】でお仕事をチェックして、気に入ったお仕事が見つかったら早速作業を開始しましょう。
画面にある「作業を開始する」をクリックして作業スタート。作業完了後「作業を完了する」をクリックしたら終了です。クライアントが作業内容をチェックして、承認されると報酬が支払われます。

2.タスク案件の注意点


クラウドワークスのタスク案件の使い方と注意点
気軽に作業を開始できるタスク案件ですが、お仕事をするうえで注意点が3つあります。

注意点その1:作業件数の制限


タスク案件のお仕事には、作業件数の制限があります。募集案件が多いといっても、好条件の募集案件には、当然のことながら人気が集中します。あっという間に作業件数が上限に達して打ち切りとなるのは、珍しいことではありません。
気になるお仕事が見つかったと思ったら、既に募集終了だった・・・そんな事態を避けるためにも、気に入ったお仕事が見つかったら早速作業を開始しましょう。

注意点その2:作業時間の制限


タスク案件のお仕事はすべて、作業時間が1時間と制限されています。画面にある「作業を開始する」をクリックしてから1時間が経過すると、作業内容は破棄されます。作業件数が上限に達していなければ、再度作業を始めることもできます。
ほとんどの作業は1時間以内に終了できるはずですが、たとえば1000文字以上の文章作成のような案件だと、時間内に終了することが難しい場合もあります。
お仕事の詳細に目を通して、1時間以上かかりそうな場合はいきなり作業を開始するのではなく、まず作業件数があとどれくらいで上限に達するのか、「(作業)完了件数」をチェックしてください。
まだ上限までに余裕があるようなら、Windowsのメモ帳などである程度文章を作成しておいてから、余裕を持って作業を開始するのがオススメです。
タスク形式のお仕事は早い者勝ち的な要素がありますが、誤字脱字といったイージーミスで非承認になってしまうこともあります。承認率を下げてしまうようなことがないようにしたいですね。

注意点その3:作業承認率


タスク案件のお仕事は、作業完了後クライアントが作業内容をチェックして「承認」「非承認」を選択するようになっています。承認されなかった場合は承認率が下がってしまいますが、この承認率、一度下がってしまうと元に戻すのがけっこう大変です。
タスク案件のお仕事の中には、「作業承認率が95%以上」というものもあります。
作業承認率が低いことで選択肢が減るのは、もったいないですよね。承認率は常に100%を維持できるよう、ひとつひとつの案件を確実にこなしていきましょう。
タスク案件の承認件数・承認率は、自分の「公開ページ」に記載されます。
お仕事の実績・評価が記載されている公開ページは、あなたの履歴書です。公開ページの内容を充実させて、クライアントにアピールするための重要なツールとして活用しましょう!

3.おわりに


クラウドワークスのタスク案件の使い方と注意点
タスク形式では、好条件の案件を見逃さないためにも、毎日こまめに新着情報をチェックする習慣をつけると良いですよ。
報酬が安くても、お仕事であることに変わりはありません。ひとつひとつの案件を確実・丁寧に行なうことが大事です。

追記:


クラウドワークスのタスク手数料は以前無料でしたが、2017年6月より有料化されています。

2016年10月20日木曜日

クラウドワークスで安定した収入を得る方法

今回は、クラウドワークスで安定した収入を得る方法について、ライティングのお仕事を例にしてお話ししたいと思います。


1.ひとつひとつのお仕事を確実に、クオリティの高い記事を納品しよう!


クラウドワークスで安定した収入を得る方法
お仕事を始めて慣れないうちは、タスク形式のお仕事でたくさんの案件をこなして、実績と経験を積むのも良いでしょう。ですが、タスク形式のお仕事だけでは、安定した収入を得ることはできません。
募集案件が多いとはいえ、良い条件の募集案件には、当然のことながら人気が集中します。作業件数の制限があるため早い者勝ち!気になるお仕事が見つかっても募集終了・・・なんてことは珍しくありません。毎日募集案件
をチェックする時間も馬鹿になりませんし、タスク形式のお仕事は比較的記事単価が低いものが多く、タスク形式のお仕事で安定した収入を得るのは難しいといえます。
お仕事に慣れてきたら、早めにプロジェクト形式のお仕事に切り替えていきましょう。

2.クライアントの信頼を得ることで、継続的にお仕事を依頼してもらえる!


クラウドワークスで安定した収入を得る方法
クラウドワークスで安定した収入を得る方法は、プロジェクト形式のお仕事を選ぶこと。そして、継続して依頼してくれるクライアントを見つけることです。継続して依頼してくれるクライアントが複数いれば、収入が途切れることはありません。
タスク形式のように自分でお仕事を探す必要がなくなりますので、その時間を記事作成に充てることで、お仕事の効率アップにもつながります。
継続して依頼してくれるクライアントを見つけられるかどうかは、あなたのお仕事に対する姿勢次第です。自分のスキルに見合ったお仕事を選んで、ひとつひとつのお仕事を「丁寧に確実に」こなしていきましょう。クオリティの高い記事を納品することで、クライアントとの信頼関係が生まれます。
継続して依頼してもらえるようになれば、安定した収入を得ることができるようになります。
長くお付き合いすることになるわけですから、お仕事内容や納期スケジュールなど気軽に連絡・相談できるような、ストレスを感じないでお付き合いしていけるクライアントを見つけたいですね。

3.おわりに


クラウドワークスで安定した収入を得る方法
クラウドワークスでは、継続して依頼してくれるクライアントを持つことができれば、安定して収入を得ることができます。継続して依頼してくれるクライアントを見つけましょう!
長くお付き合いしていけるクライアントを1人2人・・・と増やしていくことで、より確実に収入を安定させることができます。

2016年10月19日水曜日

クラウドワークスから始めるノマドワーカーへの道~ノマド族って何者?

皆さんは、「ノマド」という言葉の意味を知っていますか?あまり聞きなれない言葉ですが、ノマドは最近注目されている新しい働き方です。今回は、クラウドワークスで始める「ノマドワーカー」という働き方について、お話ししたいと思います。


1.「ノマド族」って何者?


クラウドワークスから始めるノマドワーカーへの道~ノマド族って何者?
ノマド族とは「決まったオフィスを持たず、Wi-Fi・電源完備のカフェやファーストフード店などで、ノートPCやモバイル端末を使ってお仕事をする人たち」のことをいいます。
ノマドには遊牧民という意味があります。お仕事する場所を探して移動する姿を遊牧民に例えて、ノマド族と呼ぶようになったみたいですね。
ノマドワーカーとフリーランスは混同しがちですが、意味は違います。
企業に属さずお仕事をしているような人をフリーランスといいます。フリーランスでも、決まった仕事場がある場合は、ノマドワーカーとはいいません。また、企業に属していてもオフィスの外でお仕事をするノマドワーカーもいます。
最近、ノマドワーカー・ノマド大学生なんて呼ばれる人達が増えてきています。その需要に応えるように、Wi-Fi・電源完備の「電源カフェ」「ノマドカフェ」が全国に急増中です。

2.クラウドワークスで稼げるノマドワーカーになろう!


クラウドワークスから始めるノマドワーカーへの道~ノマド族って何者?
ノートPCを持ってお気に入りのカフェでお仕事ができたら、あなたもノマドワーカーの仲間入りです。せっかく自由なノマドワーカーになるんですから、自由なだけじゃなく、自由で稼げるノマドワーカーを目指しましょう!

継続して依頼してくれるクライアントを見つける


クラウドワークスから始めるノマドワーカーへの道~ノマド族って何者?
クラウドワークスの大きな魅力は、時間・場所・人間の上下関係に縛られない働き方ができることです。いつどこでどれだけのお仕事をするとか、自分の裁量で調整することができるなんて、自由でカッコイイですよね。
ですが、この自由っていうのは「稼げるかどうかは全て自分次第」ってことでもあるんです。やりたいお仕事を選ぶことができますが、稼ぐためには自分でガンガンお仕事を探すか、依頼してくれるクライアントを見つける必要があります。
最初のうちは、自分でお仕事を探す機会が多いと思います。
まずは自分のスキルに見合ったお仕事を選んで、どんなお仕事でもひとつひとつ誠実に、クオリティの高いものを納品するよう心がけましょう。受注したお仕事を確実・丁寧にこなして積み上げた実績は、あなたの財産になります。
さまざまなお仕事をこなしていく中で、経験や知識が増えて確実にスキルアップしますし、クライアントを見つけやすくなります。
継続して依頼してくれるクライアントを1人2人と増やしていきましょう。複数のクライアントに継続して依頼してもらうことができれば、収入が途切れることはありません。

スケジューリング能力・コミュニケーション能力


クラウドワークスから始めるノマドワーカーへの道~ノマド族って何者?
「コミュニケーションが面倒・苦手」だから、クラウドワークスでお仕事を始めたという人もいると思います。
ですが、コミュニケーションなくして、とくにプロジェクト形式でお仕事をしていくのは不可能です。プロジェクト形式のお仕事では、必要に応じて、メール・電話・スカイプ・チャットなどでクライアントと連絡を取り合います。
タスク形式でお仕事をするという選択肢もありますが、効率よく安定して稼ぐのは難しいため、オススメできません。
クラウドワークスでは、誰かと競争したり、誰かのマネをする必要なんてありません!100人いたら100通りの働き方があります。苦手なことも、自分のペースで克服していってくださいね。
複数のクライアントとから依頼されるようになると、いくつかのお仕事を同時進行していくという機会も増えてくると思います。
そこで大事なのが、スケジューリング能力です。自分の予定や進行中のお仕事を把握して、どのクライアントにも迷惑がかかることがないようにしなくてはいけません。
「クオリティの高い納品・コミュニケーション・スケジューリング」この3つを意識して、お仕事をしていきましょう。

3.おわりに


クラウドワークスから始めるノマドワーカーへの道~ノマド族って何者?
ノマドワーカーは自由でとても魅力的な働き方ですが、自由=ラクというわけではありません。
「楽しみながらスキルアップに挑戦し、成長し続けることができる人」そんな人が、きっと稼げるノマドワーカーになれるんだと思います。

2016年10月18日火曜日

クラウドソーシングで働くことのデメリット

クラウドソーシングは、PCやスマホを使って在宅でお仕事を受注する、新しいワークスタイルです。気軽に未経験からお仕事を始められるということで、ここ数年話題になっていて、実際にクラウドソーシングデビューされる方も急増しています。

そんな魅力的なクラウドソーシングで働くことのデメリットについて、今回はお話ししたいと思います。

1. クラウドソーシングで働くデメリットって?


システム利用料が高い


クラウドソーシングで働くことのデメリット
クラウドソーシングで働くときのデメリットとして、システム利用料の高さがあげられます。金額はクラウドソーシング運営会社によって違いますが、お仕事の形式によって無料だったり、一律10%としているクラウドソーシング運営会社もあります。
「10万円以下の部分の金額に対して20%・10万円超~20万円以下の部分の金額に対して10%・20万円を超えた部分の金額に対して5% 」といったカンジに、受注金額により変動する設定になっているのが一般的です。
豊富な掲載案件の中からやりたいお仕事を選べる・営業しなくても良い・打ち合わせにかかる手間や交通費の心配がない・・・といったことを考慮して、「快適にお仕事をするために必要なシステム利用料」だと納得できるかどうかですね。

お仕事単価の相場が低い


クラウドソーシングで働くことのデメリット
お仕事内容にもよりますが、一部のプロ向けのお仕事を除いて、クラウドソーシングのお仕事単価は低いものが多く見られます。
発注する側のクライアントにとってはメリットですが、受注するワーカーにとってはデメリットです。お仕事の中でも、専門的なスキルを必要としない文章作成・データ入力などはとくに、お仕事単価が低い傾向にあるようです。
毎日お仕事の募集ページ【仕事を探す】でお仕事をチェックしていると、お仕事単価の相場が徐々に分かるようになってきます。中には思わず二度見してしまうような、とんでもないお仕事単価の募集も紛れていますので、お仕事を探すときは注意して選んでくださいね。
お仕事単価が低いということは、ひとつひとつのお仕事をテンポよくこなしていく必要があります。

完全出来高制である


クラウドソーシングで働くことのデメリット
クラウドソーシングで働くということは、言ってみれば、自分が事業主になるということです。つまり、どこかの会社に雇われて仕事をするわけではありません。
そのため、収入は完全出来高制になります。つまり、仕事をしなければ収入はありません。
会社に所属して働くなら、病気の時にはそれなりの福利厚生を得ることもできますし、ある範囲内でお給料も支給されるでしょう。しかし、クラウドソーシングは違います。
たとえクライアントと契約していても、その仕事を完了できないと1円も入ってきませんし、自分の体調不良で仕事ができなくなると、とたんに収入はゼロになります。

クライアントとのトラブル


クラウドソーシングで働くことのデメリット
クラウドソーシングは、オンライン上で応募から契約・報酬の受け取りまですべて完結する、まったく新しいワークスタイルです。
一見気楽なようにも思えますが、クライアントと対面しないことが、逆にデメリットになってしまう場合もあります。信頼できるクライアントかどうか、なかなか見抜くのは難しいと思います。とくにトラブルが多いのが、プロジェクト形式のお仕事です。
契約後、作業が増えたり納期が早くなったり、音信不通になるといったトラブルもよく聞かれます。
当事者間で解決できない場合は、状況に応じてクラウドソーシング事務局へ相談する必要があります。問題のあるクライアントに当たらないためにも、お仕事を選ぶときは、お仕事内容と同時にクライアントの情報をしっかり確認するようにしましょう。
プロジェクト形式のお仕事の場合、メール・電話・スカイプ・チャットなどを使って、クライアントとコミュニケーションをとることになります。分からないこと・気になることがあれば、どんなにささいなことでも自分で判断をせず、その都度クライアントへ連絡し相談しましょう。
コミュニケーションなくして、プロジェクト形式でお仕事をしていくのは不可能です。どうしても嫌だという方は、無用なトラブルを避けるためにも、タスク形式のお仕事を選ぶことをオススメします。

2.クラウドソーシングで働くメリットがある!


クラウドソーシングで働くことのデメリット
ちょっとしたスキマ時間でできるようなカンタンなお仕事から、プロ向けのお仕事まで、クラウドソーシングは募集案件が豊富です。誰でも、自分のスキルを最大限に発揮できるお仕事を見つけることができるんです。
時間的な拘束がないのも嬉しいですよね。早朝でも深夜でもお仕事ができます。お仕事の量も、自分の都合に合わせて調整することができます。
在宅でお仕事を探して受注することができるので、住んでいる場所に関係なくお仕事を選ぶことができます。毎日オフィスに出勤するわずらわしさもありません。電源・Wi-Fi環境が整っているカフェやファーストフード店で、お仕事することもできちゃいます。

3.おわりに


クラウドソーシングで働くことのデメリット
クラウドソーシングのワークスタイルから得られるメリット「やりがい・自由度」は、現在のライフスタイルに合わせることもできますし、ライフスタイルそのものを変えて向上させることもできます。
確かにクラウドソーシングにはいくつかのデメリットがありますが、デメリットをカバーできるだけの十分な魅力があるのではないでしょうか。

記事執筆で効率的に稼ぐ!時間マネジメントのコツ

ウェブライターは記事を執筆して納めてなんぼという商売です。つまり、仕上げる記事数がそのまま収入に直結しますよね。もちろん、少しでも単価の高い案件を取ることは大切ですが、同時に記事を量産しなくてはまとまった収入にはなりません。

結局は限られた時間内で、良い記事を数多く執筆できる人が、稼ぐライターということになります。今回は、記事執筆で効率よく稼ぐための時間マネジメントのコツについて考えてみました。


作業時間と記事執筆


記事執筆で効率的に稼ぐ!時間マネジメントのコツ
1本の記事を執筆するためにかかる時間は、ライターさんによっても異なりますし、その記事の内容によっても違ってきます。しかし、どんなライターでも、良質の記事を執筆するにはそれなりの時間がかかります。
ライターの中には、1本の記事をじっくり仕上げる人もいれば、書きやすい案件をピックアップしてとにかく書きまくるという2種類のタイプがいます。どちらの方法が自分に合っているかについては、個人それぞれですので試してみなくては分かりません。
いずれにしても、決められた時間内にできるだけ集中して作業をこなすことが大切なのは、みなさん実感されていると思います。

作業時間を捻出する


冒頭でも言いましたが、ウェブライターは記事を納めて初めて報酬を受取ることができます。ですから、とにかく記事を完成させなくてはいけません。乱暴な言い方をすれば、書けば書くほど収入が上がるともいえるでしょう。
そのためには、まず作業時間を確保すること、作業時間を増やすことが大切です。
毎日のライフスタイルの中で、どのくらい作業時間を捻出できるかは、その人の生活を見直してみなくては分かりません。生活時間の中で無駄にしている時間があれば、それを作業時間として変換できないか検討してみるべきでしょう。
たとえパソコンが開けなくても、スマホやタブレットでできる仕事もあります。

作業時間内の生産性を上げるコツ


同時に、限られた作業時間しかないのですから、その時間内の生産性を上げることも必要です。集中力を高め、作業効率を上げることで、より良質の記事を短時間で執筆できるようになります。
そのためにできることとして、いくつかのアイデアを挙げておきましょう。

作業時間のリミットを決める


一番作業効率が良くないのは、だらだらと仕事をしてしまうことです。やりたい仕事はたくさんあると思いますが、「この作業は何分間で完成させる」と自分で目標となる作業時間を決めて行うことで、その時間内はより集中しやすくなります。

集中できないときは気分転換


集中力がないのに、パソコンに向かっても仕事ははかどらないし、結局は時間の無駄になってしまうでしょう。どうしても集中できないときは、思い切って外の空気に触れたり場所を変えてみるなど、気分転換を図りましょう。

記事執筆のリズムを作る


記事執筆の方法というのは人それぞれです。情報収集に時間をかける人もいれば、そもそも情報収集の必要がない案件ばかりを狙って取る人もいるでしょう。
大切なことは、自分の記事執筆のスタイルやリズムを作ることです。情報収集をして、その次の日に記事執筆、そのまた次の日に書いた記事の見直し…というような感じです。
もちろん、このスタイルは万人に通用するものではありません。人によっては一気に書き上げてすぐに納品、というやり方もあるでしょう。
いずれにしても、自分の執筆スタイルや方法を身につけていけば、それに合わせて作業をこなすだけでスムーズに仕事ができます。

2016年10月17日月曜日

クラウドワークスの「気になるリスト」ボタンってどう使うの?

クラウドワークスの機能「気になる!リスト」って知っていますか?応募や提案をしてみたいお仕事や、気になるメンバー(ワーカー)を登録しておくことができる機能です。

今回は、知っておくと便利な「気になる!リスト」ボタンの使い方についてお話ししたいと思います。

1.「気になる!リスト」ボタンで、気になるお仕事を登録しよう!


クラウドワークスお気に入り
クラウドワークスでお仕事を探した経験がある方は分かると思いますが、クラウドワークスは国内最大級のクラウドソーシングというだけあって、お仕事の募集数がとにかく豊富!
お仕事のカテゴリは細かく246種類に分類されていて、24時間新しいお仕事が次々と募集ページに掲載されていきます。きっと気になるお仕事がいくつも見つかると思うんですが、あとでまた募集ページからそのお仕事を探すのは、大変ですよね。
「今すぐ応募するわけではないけど、あとでゆっくり考えたい」そんなときに便利なのが「気になる!リスト」ボタンです。
使い方はカンタン!まずは、お仕事の募集ページ【仕事を探す】で、どういったお仕事があるのかチェックしてみましょう。
気になるお仕事が見つかったら、そのお仕事欄にある「気になる!リストに追加」をクリックします(クリックすると表示が「気になる!リストから削除」に変わります)。これでOKです。
「気になる!リスト」に登録したお仕事は、マイページの下段にある「気になる!リスト」から、いつでも見られるようになっています。

2.「気になる!リスト」ボタンで、気になるメンバー(ワーカー)を登録しよう!


ウェブライターの月収ってどのくらい?
「気になる!リスト」は、気になるお仕事以外に気になるメンバーを登録することもできます。クライアントだけでなく、メンバーがメンバーを「気になる!リスト」に登録することもできるんですよ。
たとえば、今はお仕事を受注しているあなたが、いつかクライアントとしてお仕事を発注する側に回る日が来るかもしれません。そのときのために、気になるメンバーを「気になる!リスト」に登録しておいて、最強チームを作っておくのもいいですね。
使い方はカンタン!気になるメンバーの公開ページの画面右側にある「気になる!リストに追加」をクリックするか、【クラウドワーカーを探す】のページで、気になるメンバー欄の右側にある「気になる!リストに追加」をクリックします。
クリックすると表示が「気になる!リストから削除」に変わります。これでOKです。
「気になる!リスト」に登録したメンバーの公開ページは、マイページの下段にある「気になる!リスト」から、いつでも見られるようになっています。

3.おわりに


記事作成を依頼するクライアントって何者?相手を理解して的確な記事を書く
良いお仕事を見逃さないためにも、毎日【仕事を探す】で新着情報をチェックして、気になったらとりあえず、「気になる!リスト」に登録する習慣をつけると良いですね。
「気になる!リスト」はとっても便利な機能です。ぜひ活用してください。

2016年10月16日日曜日

クラウドワークスの文章作成で効率よく稼ぐテクニックとアイデア

国内最大級のクラウドソーシング、クラウドワークス。プロ向けのお仕事から専門的なスキルを必要としないお仕事まで、お仕事カテゴリがとにかく豊富です。

今回は、その中でも人気の高い「文章作成」のお仕事で、効率よく稼ぐテクニックとアイデアについてお話ししたいと思います。



1.文章作成で効率よく稼ぐことはできる?


クラウドワークスの文章作成で効率よく稼ぐテクニックとアイデア
「やりたいお仕事を選ぶ」クラウドワークスでは、こんな楽しい働き方ができます。与えられたお仕事をこなすのではなく、自分でお仕事を選べるということは、効率よく稼げるかどうかは、あなたの工夫次第ということになります。
クラウドワークスで、圧倒的に募集数が多く人気が高いのが、文章作成のお仕事です。テーマの種類が豊富で文字数も400字程度からありますので、それほど時間をかけずに気になるお仕事が見つかるはずです。
このように、文章作成のお仕事は募集数が多く見つけやすいのが魅力ですが、ただ漠然と探して選んでいても、効率よく稼ぐことはできません。文章作成で効率よく稼ぐために、ぜひ意識してもらいたい大事なポイントが2つあります。

2.文章作成で効率よく稼ぐために大事なポイントは2つ!


文章作成で効率よく稼ぐために大事なポイントは2つあります。
1つは、全く知識がない分野・全く興味がない分野には手を出さないこと。もう1つは、文字単価が低すぎるお仕事は選ばないことです。

好きなこと・経験したこと・興味があること・得意な分野を選ぶ!


自分に合ったタイプの仕事がきっと見つかる
全く知識がない分野の文章作成のお仕事を選んだ場合、ゼロから理解して調べていく必要がありますよね。
これって、思っている以上に時間がかかります。また、全く興味のない分野もオススメできません。モチベーションを上げる・維持するのがとってもムズカシイ=効率が悪くなるからです。
文章作成のお仕事は情報収集だけではありません。記事全体の構成を考えて、キーボードを打つ作業もプラスされます。効率よく稼ぐためには、テンポよく進行してスピーディーに仕上げること。スピード感が大事なんです。
せっかく文章作成の募集数が豊富なんですから、苦手な分野をわざわざ選ぶ必要はありません。
自分が「好きなこと・経験したこと・興味があること・得意な分野」のお仕事を選びましょう!
もちろん、お仕事の幅を広げるために、あえて知らない分野・苦手な分野に挑戦するのもアリです!
未来の自分への投資ですね。その場合は効率よく稼ぐということは考えないで、知識を存分に吸収してスキルアップにつなげてください。専門的な分野よりは健康・美容・恋愛・医療・アダルトといった、変わらず需要があるような分野を選ぶと、今後のお仕事にも活かしやすいですね。

1文字0.3円以上のお仕事を選ぶ!


クラウドワークスの文章作成で効率よく稼ぐテクニックとアイデア
クラウドワークスだけでなく、すべてのクラウドソーシングでいわれているのが、お仕事単価の低さです。中でも、とくに単価が低いといわれているのが文章作成(ライティング)のお仕事。
最低でも1文字0.3円以上のお仕事を選ぶようにしましょう!
お仕事の募集ページを見たら分かりますが、1文字0.1円なんていう、とんでもない募集もよく見かけます。
さきほどもお話ししましたが、文章作成のお仕事は情報収集だけではありません。記事全体の構成を考えて、キーボードを打つ作業もプラスされます。時給で換算すると、悲しくなるような金額です。
だからこそ、どうしたら効率よく稼げるのか考えなくてはいけません。文章作成のお仕事を探すときは1文字何円なのか意識して、あまりにも文字単価が低いものは選ばないようにしましょう。

3.おわりに


クラウドワークスの文章作成で効率よく稼ぐテクニックとアイデア
クラウドワークスの文章作成のお仕事では、自分がテンポよく書き進めることができる分野を選ぶ、そして文字単価を意識してお仕事を選ぶことが、より効率よく稼ぐための大事なポイントになります。

2016年10月12日水曜日

クラウドワークスで報酬を受取る方法~銀行口座の登録

今回は、クラウドワークスで報酬を受け取る方法や注意点について、お話ししたいと思います。



1.銀行口座を登録して、報酬を受け取ろう!


クラウドワークスで報酬を受取る方法~銀行口座の登録

クラウドワークスで報酬を受け取るためには、銀行口座を登録する必要があります。銀行口座は、本人名義の日本の銀行口座のみ登録が可能です。

お仕事をして確定した報酬は、あらかじめ設定している出金方式に基づいて「15日締め⇒月末振り込み」「月末締め⇒翌月15日振り込み」として手続きが行われます。

クラウドワークスの出金方式は3種類!


クラウドワークスで報酬を受取る方法~銀行口座の登録


  • 通常の随時出金方式(締め日時点の未出金報酬額が1,000円以上なら、半月後に振り込み)


  • 50,000円以上出金方式(締め日時点の未出金報酬額が50,000円以上なら、半月後に振込)


  • キャリーオーバー方式(未出金の報酬額に関係なく、自動的に出金が繰り延べ)





といった方式が用意されています。

初期設定では、随時出金方式に設定されています。出金方式は、マイページの「報酬」の画面から、何度でも変更することができます。



2.銀行口座の登録と注意点について


クラウドワークスで報酬を受取る方法~銀行口座の登録


振込先銀行口座を登録する手続きはカンタンです。


  1. ログイン後、ページ右上の自分の表示名またはアイコンをクリック



  2. 「プロフィール編集」をクリック



  3. 画面中段にある「共通情報」の中の「振込先口座登録」をクリック



  4. 銀行口座の情報を入力し、「口座を登録する」(または「口座を更新する」)をクリック





以上で、手続きは完了です。

銀行口座は、本人名義の日本の銀行口座ならどこでもOKなんですが、ここで注意しなくてはいけないのが、報酬が振り込まれるときに発生する振込手数料です。

クラウドワークスの振込手数料は、楽天銀行が税込み100円なのに対して、それ以外の銀行はナント税込み500円!この差額はけっこう大きいですよね。

銀行口座を楽天銀行にするだけで、400円もオトクになるんです。皆さん、楽天銀行で報酬を受け取りましょう!

楽天銀行の口座開設は、申込書の記入不要・印鑑の捺印不要!

オンラインで簡単に申し込みができますので、まだ口座をお持ちでないという方は、この機会にぜひ申し込んでみてください。





3.おわりに


クラウドワークスで報酬を受取る方法~銀行口座の登録

クラウドワークスで報酬を受け取るなら、楽天銀行が断然おトクです!

出金方式を「50,000円以上出金方式」「キャリーオーバー方式」にして、ある程度金額が貯まってからまとめて振り込まれるようにすると、さらに手数料を抑えることができます。

せっかくがんばってお仕事した報酬ですもん、できるだけ減らさず受け取るようにしましょうね。




2016年10月11日火曜日

文章作成って難しそう、クラウドワークスで初心者向けの仕事ってある?

今回は、クラウドワークスの文章作成のお仕事についてお話ししたいと思います。

文章作成は「難しそう」って思っていませんか?クラウドワークスで圧倒的に募集数が多いのが、実は文章作成のお仕事なんです。

尻込みしているなんてもったいない!苦手意識を取っ払って文章作成に挑戦しましょう!

2016年10月9日日曜日

クラウドワークスで記事単価をアップさせるためには

ひとことで文章作成といっても、内容によって記事単価はさまざまです。でも、どうせやるなら少しでも多く稼ぎたいと思うのは、みなさん同じだと思います。

クラウドワークスで記事単価をアップさせるためには、どうすればいいのでしょうか。

記事単価の違いはスキルの違い


クラウドワークスで記事単価をアップさせるためには
単価が高いお仕事がしたい!と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。単価が高いお仕事にはそれなりのスキルが求められます。まだ経験が少ないうちに、無理して背伸びして手を出すのはおすすめできません。
慣れないうちは、記事単価はあまり気にしないで、まずはご自分の能力に見合った「確実にできる」お仕事をひとつひとつ丁寧にこなしていき、実績を作っていきましょう。ご自分が持っている能力を最大限に発揮して、質の良い記事を納品するよう心がけることが大事です。

まずは実績を積むことが早道!


クラウドワークスで記事単価をアップさせるためには
お仕事の実績や評価・タスク形式での作業承認率など、あなたの実績はすべて、ご自分の「公開ページ」に記載されます。この公開ページは、誰でも閲覧することができるようになっています。
応募から契約・報酬の受け取りまで、すべてオンライン上で完結させるクラウドワークスでは、実績・評価がとても重要な意味を持ちます。
公開ページは、クライアントにアピールするための重要なツールとして活用しましょう!
公開ページ=履歴書だと思って、プロフィールを充実するよう意識してくださいね。

経験を積んでキャリアップしよう!


クラウドワークスで記事単価をアップさせるためには
お仕事の経験値がアップしていくと、選択肢も広がります。自信を持って、記事単価の高いお仕事を自然と選べるようになっていきます。
また、継続的にお仕事を依頼してくれるクライアントがいる場合は、あなたが今後スキルアップしていくことで評価され、記事単価も変わってくるかもしれません。

2016年10月8日土曜日

クラウドワークスで仕事がしやすいクライアントの見分け方

やりがいのあるお仕事を見つけることと同じくらい重要なのが、お仕事がしやすいクライアントを見つけることです。

お小遣い稼ぎのために在宅ワークを始めるとしても、お仕事をする以上は誠実に取り組んでいきたいですし、楽しくお仕事したいって思いますよね。

お仕事がしやすいクライアントかどうか見極めるのは簡単なことではありませんが、応募~契約の段階で気づけるポイントが2つあります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

クライアントの評価は星いくつ?


クラウドワークスで仕事を受注するクライアントの星の数
お仕事の募集ページにあるクライアントのアイコンをクリックすると、クライアントのマイページを閲覧することができます。
会社概要・過去の募集実績・受注したワーカーからの「評価」を確認しましょう。ネガティブな評価が少数なら問題ありませんが、そうでない場合は何かしらのトラブルが起きる可能性があるということで注意が必要です。

応募~契約までのメッセージのやり取りで不安要素はない?


クラウドワークスで仕事がしやすいクライアントの見分け方
これは、クライアントだけでなくワーカーも気をつけなければいけないことですが、幼稚な文章・乱暴な文章・まわりくどくて要領を得ないような文章など、文面には人柄があらわれるものです。
このようなメッセージを送ってくるクライアントが悪いということではなくて、大事なのは、あなたが不快に思うかどうかです。不安要素になるようなら、早い段階で辞退するというのもひとつの選択です。

長く付き合えるクライアントを見つけよう


クラウドワークスで仕事がしやすいクライアントの見分け方
クラウドワークスで継続して収入を得ることができるかは、良いクライアントに巡り合えるかにかかっているとも言えます。クライアントにもいろいろな人がいますから、自分と相性が良くて仕事のやりやすいクライアントが見つかったら、長く付き合えるといいですね。
この記事を参考に、お互い気持ちよく仕事ができるクライアントを見つけてみてくださいね。

2016年10月7日金曜日

いつまでも報酬単価の安い仕事ばかりやっていてもダメ!効率よく稼ぐにはスキルアップしなくちゃ

ライターの仕事は在宅でできて、空き時間のある時にサクッと作業するだけで稼ぐことができる、時間や場所にとらわれない自由な仕事のスタイル・・・、こんなメリットに魅力を感じてウェブライターとしてデビューする人は少なくないでしょう。

しかし、実際にふたを開けてみると、その報酬単価の低さにびっくりするかもしれません。未経験のライターの報酬単価は決して高くありません。それも、自分でスキルアップしていかなくては、その報酬単価はいつまでたっても安いままという、なかなかサバイバルな世界でもあります。


スキルアップしなくては安い賃金から抜け出せない


いつまでも報酬単価の安い仕事ばかりやっていてもダメ!効率よく稼ぐにはスキルアップしなくちゃ
会社にライターとして所属するのではなく、クラウドライターとしてやっていくなら、スキルアップは必須です。ウェブライターの業界はある意味実力主義でもあるので、自分のライティングスキルを向上していかないといつまでたっても報酬額はあがりません。
しかも、スキルアップといっても単にライティングスキルだけではなく、時にはクライアントとの報酬交渉のスキルも必要となります。そう考えると、ライターの世界もハードなものです。

ウェブライターのたまごはいくらでもいる


私はかつてウェブライターとして他人のために記事を書いておりました。現在はアフィリエイターとして、逆に外注ライターさんを雇うこともあります。外注ライターさんを募集すると、確かに安い報酬額でも応募してくる方はたくさんいます。
それだけ、ライターのたまごはたくさんいて、依頼する側としては安い単価で引き受けてくれる初心者ライターさんを見つけるのはとても容易なことなんです。

他のライターとの差別化


しかし、「この人には報酬単価を上げてでも継続して記事を書いてほしい」と思わせてくれるライターさんは、ごくごくわずかです。つまり初心者ライターはあふれていても、本当に確かな技術を持ったライターさんというのは、希少なんです。
どんな仕事においてもそうですが、ライターとしてプロを目指すなら、スキルアップに手を抜いてはいけません。どんなライターにでも書けるような記事ばかり書いていてはダメなんです。

スキルアップの早道


では、ウェブライターとしてスキルアップするにはどうすればいいのでしょうか。
まずは一つ一つの仕事を丁寧にこなすことです。依頼者あってのライターですから、依頼者の意図をくみ取って、クライアントが満足してくれるような記事を作らなくてはいけません。
そのためには、納得のいかない修正依頼も黙って仕上げなくてはいけないこともあります。
また、継続依頼をしてくるクライアントで、いつまでたっても更新時に報酬単価が上がらない場合は、他のクライアントを優先するというのも一つの方法です。たとえ成果物に文句は言わないクライアントであったとしても、万年安い報酬単価では、いつまでたっても報酬アップは見込めません。
数回依頼してくるクライアントで報酬が上がらないときには、こちらから報酬額の交渉をして、無理な場合はお断りする勇気も必要だと思います。
もう一つは、きちんとフィードバックをくれるクライアントを選ぶことです。それがネガティブなことであればあるほど、自分のスキルアップには役立ちます。もちろん、自分の至らない点を指摘されるのはおもしろくないことですが、そこをきちんと治していかないとより優れたライターにはなれません。

自分の書きたいことを書くのがライターではない


私がライターさんを募集するとき、まれにライティングスキルは優れているのにひとりよがりの文章を書くライターさんがいます。こちらからお願いする記事の内容を理解せず、自分の書きたいことを勝手に書いているパターンです。しかも、そういうライターさんの文章は、往々にして「上から目線」になっていることが多いですね。
生き生きとした文章を書くことは大切ですが、他人からお金をもらって書く仕事である以上、クライアントの満足がいくものを納品しなくてはいけません。どうしても自分の書きたいものがあるならば、それはウェブライターではなく、ブロガーとして自分のブログに書くべきでしょう。

2016年9月29日木曜日

クラウドワークスの評判と口コミ

クラウドソーシングとして、急激に成長しているのがクラウドワークスです。このブログの中でも紹介していますので、登録を検討している人も多いでしょう。

いざ登録となると、気になるのはその評判ですよね。いくら無料で登録できるといっても、口コミなどの評価を確認してから登録したいものです。


2016年9月28日水曜日

クラウドワークスの使い方~無料会員登録から仕事受注まで

在宅でカンタンな文章を書くだけでも、小遣い稼ぎができる、クラウドワークス。登録は無料なので、登録だけでもしておけば、自分の得意な仕事を見つけることができるかも。

クラウドワークスの無料会員登録から、仕事を請け負うまでの流れを説明します。

クラウドワークスの無料登録方法


1.クラウドワークスのサイトにアクセスしよう


まず、クラウドワークスの公式サイトへアクセスしましょう。
 
クラウドワークス


2.メール登録をする


「無料で利用を開始する」をクリック⇒クラウドワークスで使用するあなたのメールアドレスを入力します。
クラウドワークスの使い方~無料会員登録から仕事受注まで


確認メールのURLから必要項目入力へ


登録後、クラウドワークスから届くメールに記載されているURLをクリックして、必要事項を入力していき会員登録を行います。
クラウドワークスの使い方~無料会員登録から仕事受注まで
とっても簡単です!


クラウドワークスで仕事に応募してみよう


プロジェクト形式(固定報酬制)の場合で、説明しますね。


1.マイページで「仕事を探す」クリック


マイページ画面にある「仕事を探す」をクリックして、まずはどういったお仕事の募集があるのかチェックしてみましょう。
クラウドワークスの使い方~無料会員登録から仕事受注まで


お仕事はカテゴリーごとに細かく分類されています。24時間、新しいお仕事が次々と掲載されていきますので、毎日新着情報をチェックする習慣をつけると良いですね。


2.気になった仕事に応募しよう!


ご自分のスキルに合った条件のお仕事が見つかったら、実際に応募してみましょう。
募集ページにあるオレンジの「応募する」ボタンを押して⇒メッセージ欄にクライアントへのメッセージを入力します。
クラウドワークスの使い方仕事に応募する


自己紹介・金額や納期の希望・興味を持った理由・スキルや意気込みなど。自分らしさが伝わるように、またクライアントに興味を持ってもらえるようなメッセージ内容にしましょう。
誤字脱字がないか確認できたら、メッセージ欄の下にあるオレンジの「応募する」ボタンを押して、クライアントからのお返事をドキドキしながら待ちます。

採用から報酬受け取りまでの流れ


引き続き、プロジェクト形式(固定報酬制)の場合でご説明しますね。


1.仕事開始は仮払いされてから


クライアント・ワーカー双方が条件合意した後に、正式に契約を結びお仕事がスタートします。
クラウドワークスは、原則として仮払い方式を採用しています。ワーカーは、クライアントの仮払いを確認してからお仕事を開始することになっています。
作業が完了するまでワーカーへの支払いが実行されないので、クライアントは安心。納品後の報酬が保証されるため、ワーカーも安心してお仕事に専念することができるんです。


2.計画的に作業をすすめよう


契約後は納期にあわせて計画的にお仕事を進めていきましょう。分からないことがあれば、その都度クライアントへ連絡し、契約中は円滑なコミュニケーションを心がけましょう。
納品後、クライアントによる検収が完了したら報酬が確定します。


3.仕事が完了したら手数料を払う


クラウドワークスでは、実際に仕事を受注するまではお金はかかりません。
仕事を受注して報酬が確定した場合、契約金額に応じて、ワーカーが受け取る報酬金額の5%~20%がシステム利用料として差し引かれます。
※コンペ形式も同じです。タスク方式はシステム利用料0円!
確定した報酬は、あらかじめ設定している出金方式に基づいて「15日締め⇒月末振り込み」「月末締め⇒翌月15日振り込み」として手続きが行われます。
出金方式は、マイページの「報酬」の画面から、何度でも変更することができます。

クラウドワークスの出金方式は3種類!


クラウドワークスの使い方仕事に応募する
通常の随時出金方式(締め日時点の未出金報酬額が1,000円以上なら、半月後に振り込み)のほか、50,000円以上出金方式(締め日時点の未出金報酬額が50,000円以上なら、半月後に振込)やキャリーオーバー方式(未出金の報酬額に関係なく、自動的に出金が繰り延べ)といった方式が用意されています。
振込手数料(楽天銀行税込み100円・他行税込み500円)を節約したいという方は、50,000円以上出金方式・キャリーオーバー方式を選ぶのがおすすめです。

クラウドワークスなら在宅で空き時間に文章作成するだけ


クラウドワークスの使い方仕事に応募する


クラウドワークスのお仕事の中で、とくにおすすめしたいのが文章作成です。文章作成のお仕事は募集数が圧倒的に多いんです。
「文章作成って難しそう」なんて避けているのは、もったいないですよ。文章作成のお仕事は、テーマの種類が豊富!きっと興味のあるテーマが見つかるはずです。
タスク形式なら文字数も400字程度からあるので、自信がないという方は、まずタスク形式で文字数が少ない文章作成のお仕事から始めてみましょう。
失敗しない方法として、最初のうちは、全く知識がない分野の文章作成には手を出さないこと。ゼロから理解しながら調べていくのは、思っている以上に時間がかかります。
焦らず、ご自分が楽しめるペースでお仕事の経験を増やしていき、徐々にお仕事の幅を広げていってくださいね。